泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

音楽レビュー(HR/HM)

ディスクレビュー『X MARKS THE SPOT』/ART OF ILLUSION

エックス・マークス・ザ・スポットアーティスト:アート・オヴ・イリュージョン発売日: 2021/02/03メディア: CD雑味のない北欧的美旋律が、QUEEN影響下にあるオペラティックなアレンジによって豪華に彩られる。満を持して登場した万華鏡の如きファンタジック…

2020年ハード・ロック/ヘヴィ・メタル年間ベスト・ソング10選

1位「Runner Of The Railways」/MARKO HIETALA元TAROT、現NIGHTWISHのマルコ・ヒエタラ初のソロ・アルバムより、もっとも初期TAROTっぽいこの文字通りの疾走曲を。曲名から真っ先に思い浮かべたのはIRON MAIDENの「The Loneliness Of The Long Distance Run…

2020年ハード・ロック/ヘヴィ・メタル年間ベスト・アルバム10選

1位『WE ARE THE NIGHT』/MAGNUS KARLSSON'S FREE FALLウィー・アー・ザ・ナイトアーティスト:マグナス・カールソンズ・フリー・フォール発売日: 2020/06/10メディア: CD敏腕職人ギタリストと新旧実力派ヴォーカリストたちの共演。正統派HR/HMの新たなる教…

ディスクレビュー『MIDNIGHT EMPIRE』/ONE DESIRE

Midnight Empireアーティスト:One Desire発売日: 2020/05/22メディア: CDヨーロッパとアメリカの中間地点が、フィンランドにあったとは。正確に言えば「欧州ヘヴィ・メタル」と「アメリカン・ハード・ロック」の中間地点だが、そんな「欧米折衷」を理想に近…

ディスクレビュー『WE ARE THE NIGHT』/MAGNUS KARLSSON'S FREE FALL

ウィー・アー・ザ・ナイトアーティスト:マグナス・カールソンズ・フリー・フォール発売日: 2020/06/10メディア: CD良く言えば引っ張りだこ、悪く言えば尻軽もしくは器用貧乏なギタリスト、マグナス・カールソンの名を冠した「本業バンド」待望の3rdアルバム…

コロナ禍頻出語迎撃用メタルソング13選

コロナ禍に頻出しているキーワードにまつわりそうでまつわらない、でも頑張ればまつわっているように聞こえなくもない感じの、主にメタルソング13選を貴方に。【自粛警察】 通報者の動機はきっと――St. Anger、 www.youtube.comだがその光景は客観的に見れば―…

ディスクレビュー『SHAKE THE WORLD』/BLACK SWAN

Shake the Worldアーティスト:Black Swan発売日: 2020/02/14メディア: CD元MSGのロビン・マッコーリー、元WINGERのレブ・ビーチ、元DOKKENのジェフ・ピルソンらによる「スーパー・バンド」――と言いたいところだが、実際には「サブキャラ(二番手以降キャラ)…

2019年ハード・ロック/ヘヴィ・メタル年間ベスト・ソング10選

アルバムに続いて曲単位の年間ベスト10を。例年、どうしても年間ベスト10に選んだアルバムの収録曲が多くなってしまいがちでつまらないので、今年はアルバムのベスト10に入っている楽曲はあえて除外して選んでみた。ちなみに公正を期すため、上記の理由によ…

ディスクレビュー『PARADIGM』/ECLIPSE

Paradigmアーティスト:Eclipse出版社/メーカー: Frontiers発売日: 2019/10/11メディア: CDここへ来て一気にスケールアップしたスウェーデン産中堅ハード・ロック・バンドの7枚目。前作あたりでかなり幅を広げた感はあったものの、ECLIPSEには常にB級感が漂っ…

2019年ハード・ロック/ヘヴィ・メタル年間ベスト・アルバム10選

1位『PARADIGM』/ECLIPSEParadigmアーティスト:Eclipse出版社/メーカー: Frontiers発売日: 2019/10/11メディア: CDまさか彼らがこの段階で化けるとは思わなかった。スウェーデン産中堅ハード・ロック・バンドの7枚目。北欧古来の美旋律ハード・ロックにジョ…

『METAL WEEKEND 2019』9月15日(日)ライヴ・レポート

LOUDNESSが出た土曜日ではなく、HAMMERFALLがヘッドライナーを務めた日曜日のほうである。【METAL SOULS】 NOZOMU WAKAI'S DESTINIAのアルバム『METAL SOULS』を昨年のアルバム年間ベスト10に入れた身としては、登場順は最初ながら期待は大きかった。僕があ…

2018年ハード・ロック/ヘヴィ・メタル年間ベスト・ソング10選

1位「Thousand Years」/BE THE WOLF弾けるポップセンスとめくるめくメロディ展開の妙。ギターと歌メロの容赦なきせめぎ合い。 現時点において、もっとも万人に開かれたハード・ロック。同じく秀逸なメロディが続けざまに放たれる「Here And Now」、冒頭を飾…

2018年ハード・ロック/ヘヴィ・メタル年間ベスト・アルバム10選

1位『TUNGUSKA』/TREAT ツングースカ【通常盤】アーティスト: トリート出版社/メーカー: FRONTIERS RECORDS Licensed by Frontiers Records s.r.l.発売日: 2018/09/05メディア: MP3 ダウンロードこの商品を含むブログを見る間違いなく、今年断トツで回数聴…

ディスクレビュー『TUNGUSKA』/TREAT

ツングースカ【通常盤】アーティスト:トリート出版社/メーカー: キングレコード発売日: 2018/09/05メディア: CD名盤は、時として摑みどころがない。それはまるで取っ手のないトランクのようなもので、一聴したところ、どこを掴んで良いものかわからない。な…

理想的な「三曲」を求めて――メタル史上最強のトリロジー(三部作)ベスト10

音楽を聴取あるいは評価する単位として一般的なのは、言うまでもなく「曲単位」か「アルバム単位」だろう。特にアプリやYouTubeで聴くことが増えている昨今、その比重はだいぶ前者に寄ってきているのかもしれない。しかしそんな「単位」は、あくまでも商品と…

無理を承知で厳厳厳選した生涯のハード・ロック/ヘヴィ・メタル・ソング・ベスト10

先日書いた「アルバムベスト10」からの流れで、これは選ばざるを得ないという正体不明の使命感に駆られ、今回は曲単位で「オール・タイム・ベスト10」を選ぶことに決めたはいいが。いや難航、難航、桂南光。これは大変なことになった。1枚のアルバムに10数曲…

あくまで「アルバム単位」で厳選した、生涯のハード・ロック/ヘヴィ・メタル・アルバム・ベスト10

いわゆる「年間ベスト・アルバム」のようなことは、僕もやるしみんなわりとやるけれど、そういえば「生涯のベスト・アルバム」的な、真の意味で自分にとって最上の10枚を選ぶ、というような、これまでの全音楽体験を総括するような選び方は、これまでちゃん…

ディスクレビュー『PREQUELLE』/GHOST

PREQUELLE (DELUXE EDITION) [CD] (LENTICULAR ALBUM COVER INSERT, 2 BONUS TRACKS, LIMITED)アーティスト: GHOST出版社/メーカー: LOMA VISTA発売日: 2018/06/01メディア: CDこの商品を含むブログを見るもはや全世界的に「メタル」というジャンルそのもの…

The お前が歌うんかい!~「Set The World On Fire」/GIOELI-CASTRONOVO~

かつて『ダウンタウンのごっつええ感じ』で、傷心の客のためにレコードをかけたバーテンダーが、その曲のイントロが終わると自ら歌い出し、「お前が歌うんかい!」と思い切りツッコまれるというシリーズコントがあった。ちょうど今年に入ってから『水曜日の…

2017年ハード・ロック/ヘヴィ・メタル年間ベスト・ソング10選

上位曲は、どうしても年間ベスト・アルバムで選んだ作品からの曲になってしまうが、半分くらいはあまりかぶらないようやや意識した。本来ならば、「Hysteric Creatures」/OUTRAGE、「Light In The Dark」/REVOLUTION SAINTSの2曲もどこかに入る可能性が高…

2017年ハード・ロック/ヘヴィ・メタル年間ベスト・アルバム10選

1位『RAGING OUT』/OUTRAGE Raging Out(デラックスエディション)(DVD付)アーティスト: アウトレイジ,SHINYA TANGE,YOSUKE ABE,S.SHAH,OUTRAGE出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック発売日: 2017/10/11メディア: CDこの商品を含むブログを見る「日本の…

レトロで新しく、ダサくてお洒落、そして激しくも美しい謎の幽霊バンド「GHOST」がとにかく素晴らしい

魅力的なものというのは、時に「二律背反」の要素を兼ね備えているものだが、このスウェーデンのメタルバンドGHOSTほどその両極が入り交じることで魅力を生み出しているアーティストも珍しい。実は2016年、個人的に最も衝撃を受けたのが、以下に挙げるこの「…

プログレ食わず嫌いの眠れる狂気を目覚めさせ、整えるための厳選10曲

選曲テーマは、「狂気と整合性の両立、あるいはせめぎ合い」。ジャンル的にはプログレ外のものも含む。聴けば世界観の広がる10曲。 【Song/ARTIST/ALBUM/Time】①「No Opportunity Necessary, No Experience Needed」/YES/『TIME AND A WORD』/4:50映画…

【2016年】年間ベスト・アルバム10選(ハード・ロック/ヘヴィ・メタル)

1位『SORCERESS』/OPETH SORCERESS-DIGIPAKアーティスト: OPETH出版社/メーカー: NUCLE発売日: 2016/09/30メディア: CDこの商品を含むブログを見るプログレッシヴ・ロックが追い求めてきたものは、難解さ、複雑さ、高度な技術などではなく、その先にある美…

【タイプ別】「メタルはメタリカしか聴かない」という人が次に聴くべき名盤5選

METALLICAというバンドは、間違いなくハード・ロック/ヘヴィ・メタルという音楽を世界中に行き渡らせることに貢献してきた。特に2000万枚以上を売り上げ、いまだビルボードにチャートインしている91年作『METALLICA』(通称「ブラックアルバム」)をきっか…

メタリカ新作ディスクレビュー『HARDWIRED…TO SELF-DESTRUCT』/METALLICA

◆METALLICAというバンドの本質的魅力を炙り出すための試金石的作品――あくまでも試金石――METALLICA8年ぶりの新作は、まるで「これまでお前はMETALLICAのどこに魅力を感じてきたのか?」と厳しく問いかけるような、ある種の試金石のようなアルバムである。しか…

ディスクレビュー『THIS HOUSE IS NOT FOR SALE』/BON JOVI

◆リッチーの不在が呼び込んだ、思いがけぬ歌メロの充実バンドといえば、「複数の個性が混ざり合うことによって生み出される何か」を誰もが期待する。それはBON JOVIのように、個人名を掲げたバンドでも変わりはない。BON JOVIはやはり、ジョン・ボン・ジョヴ…

日常の憂鬱を絶望へと進化させたうえで吹き飛ばすためのメタル名曲5選

例年になく雨が多かったり、涼しくなったと思ったらまた暑くなったり、そのせいで風邪をひいていまいち治りきらなかったり。世間様ほど夏にやんちゃをしたわけでもないのに、海にも山にもフェスにも行っていなければバーベキューもすいか割りもしていないの…

『GHOST OF GRACELAND』/TREAT

ゴースト・オブ・グレイスランドアーティスト: トリート出版社/メーカー: キングレコード発売日: 2016/04/13メディア: CDこの商品を含むブログを見る結論から言えば、前作があまりに良すぎた。本作は、それを踏まえた上での佳作。北欧美旋律の伝道師、TREAT…

『DYSTOPIA』/MEGADETH 『ディストピア』/メガデス

dystopiaアーティスト: megadeth出版社/メーカー: unive発売日: 2016/01/22メディア: CDこの商品を含むブログ (1件) を見る近作の傾向に違わず、基本的に冒頭でピークを迎える「竜頭蛇尾」な作品。というのが一聴したところの感想だったのだが、やや地味に感…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.