泣きながら一気に書きました

妄言コラムと気儘批評と悪戯短篇小説の巣窟

短篇小説「ポジティブ刑事」

f:id:arsenal4:20191203152942j:plain:w400

 ポジティブ刑事が現場へ急行している。拳銃を忘れて走り出してしまったがきっと大丈夫だろう。なぜなら彼はポジティブ刑事だからだ。武器などないほうが物事はスムーズに運ぶことも時にはある。どんなにネガティブな状況であっても、それをポジティブに捉えなおすのはポジティブ刑事の真骨頂であると言える。

 そういえば防弾チョッキの着用を指示されていたような気がするが、ポジティブ刑事はいつものワイシャツにジャケットを羽織って飛び出していた。いま向かっている現場には凶悪な立てこもり犯がおり、男は散弾銃を所持しているという。

 しかしもし仮に銃を撃たれたとしても、弾はそうそう当たるわけではないから特に問題はないだろう。もし当たるにしても、きっと胸から提げたペンダントの、ちょうど十字架がクロスした部分に当たって跳ね返るに違いない。それに窮屈な防弾チョッキなど着用していないほうが、よほど走りやすいじゃないか。ポジティブ刑事はそう考えつつ、全速力で現場に近づいていった。

 近づいているつもりだったのだが、そうではなかったのかもしれない。ポジティブ刑事はすでに三十分以上も走り続けていたが、署から徒歩八分の現場にまだたどり着いていなかった。そのことに気がついたのは、目の前に見慣れぬ川と橋が現れたからだ。立てこもり事件は川の中や橋の下ではなく、この街の中心部にある住宅街で起こっている。

 ポジティブ刑事はいったん川沿いの路上に立ち止まると、ポケットからスマートフォンを取り出した。地図アプリで現在地を確認したいところだが、アプリを立ち上げた瞬間にスマホは自動的にシャットダウンされた。ポジティブ刑事はスマホの電池残量が乏しくてもいつもポジティブだったから、完全に電池がなくなるまでいつも充電などしないのだった。もちろんモバイルバッテリーなど持ち歩いているはずもない。

 だが《物事には常に良い面と悪い面がある》というのがポジティブ刑事のポリシーだ。どんなに悪いと思えることにも、必ずや何かしら良い面がある。

 もしもここでスマホの地図アプリが立ち上がっていたら、俺は危うくそれを頼りに悪しき「スマホ歩き」、いや今は急いでいるからさらに極悪な「スマホ走り」までやってしまうところだった。市民の模範たるべき人間が、そのようなことをやっていいはずがない。ポジティブ刑事は、スマホを下手に充電などしていなくて良かったと心から思った。遥か西の空には、沈みゆく夕陽が最後の光を放っていた。

 それから一週間後、警察署に新たな案件が舞い込んできた。出来は悪いがとても前向きな刑事が一週間前から行方不明になり、音信不通であるという。その刑事が本来携帯すべき拳銃を所持していないことがすでに確認されているのは、不幸中のポジティブと言うほかない。


www.youtube.com


tmykinoue.hatenablog.com
tmykinoue.hatenablog.com
tmykinoue.hatenablog.com
tmykinoue.hatenablog.com

短篇小説「ジダハラ」

f:id:arsenal4:20191115121143j:plain:w500

 世間では時短ハラスメント、略して「ジタハラ」というものが流行っているようだが、わたしの職場では「ジダハラ」にすっかり迷惑している。

 ジダハラの原因は、わたしと同じ職場で働く壇田踏彦という男である。踏彦はことあるごとに地団駄を踏む。その足音が、周囲をジリジリと苛つかせるのである。すでにおわかりだとは思うが、ジダハラとは「地団駄ハラスメント」の略である。

 厄介なのは、われわれ地団駄を踏み慣れていない人間にとって、いまだ地団駄という行為が未知の領域であるということだ。地団駄とは本来、怒りや悔しさから踏むものと思われている。だが踏彦の様子を観察した結果、わたしを含む周囲の同僚らの見解では、それは地団駄のうちのほんの一部でしかないということがわかってきた。 

 踏彦が生まれて初めて地団駄を踏んだのは、彼が二足歩行を習得するはるか以前、それどころか生まれた直後であると言われている。彼は産湯が熱いことに業を煮やし、浴槽内でさっそく元気に地団駄を踏んでみせたという。その結果、浴槽にひびが入って産湯が大量に漏れ出し、院内は大変なことになった。最初期においてはまだ、このように本来の怒りの感情が地団駄という形で表れていたようだ。

 その後の生育過程においても、母乳がぬるい、離乳食が不味い、食ったら眠い、歩くのが嫌だ、学校に行きたくない、ドッヂボールで当てられた、テストの成績が芳しくない、修学旅行で告白してフラれた等々、彼にとって地団駄とは、あくまでも不満や怒りを表明する手段でしかなかった。

 そんな踏彦の地団駄に転機が訪れたのは、中学一年のときであった。ある日、陸上部へ入部した彼が地団駄を踏む様子を初めて目撃した顧問の先生が、その地団駄に無限の可能性を見出したのである。このステップと、それにより鍛えられた踏み込みの力は、必ずや何かの競技に使えるに違いない。

 そう考えた顧問は、踏彦にまずは走り幅跳びをやるよう勧めた。踏彦はまだ自分の能力に気づいていなかったから、おとなしく顧問の指示に従って走り幅跳びの練習をはじめた。

 しかし顧問の予想に反して、踏彦は走り幅跳びでたいした記録は出せなかった。そこで顧問は考えた。地団駄を踏む角度と、走り幅跳びの踏切の角度は、ちょっと違うのかもしれないな。もうちょっと縦方向に地面を蹴る競技はなかったか。

 翌日から踏彦は、走り高跳びの練習をすることになった。それを見守る顧問の目から見ても、明らかにこちらのほうが、踏切時の動作は地団駄に近いものであるように思われた。

 だがいくら練習しても記録はまったく伸びなかった。顧問は改めて考えた。やはり地団駄と高跳びでは、リズムが全然違うのかもしれないな。もう少しリズミカルに踏み込む競技はなかったっけな。

 次の日から踏彦は、三段跳びの練習を命じられた。ホップ・ステップ・ジャンプ。この三連のリズムは、まさに地団駄そのものじゃあないか。顧問はそう確信していたが、これもやはり記録は平凡で期待はずれであった。

 そこで顧問は改めて、地団駄というものについて考えた。そこで思い至ったのは、これはもしかするとフィジカルではなく、メンタルの問題なのではないかということだった。地団駄とは、ただ肉体的に踏むものではなく、本来的にはあくまでも感情表現の手段であるはずだ。となれば、それを陸上競技に援用する際にもっとも足りないのは、その根っこにあるべき感情なのではないか。

 踏彦に本領を発揮させるには、とにかく彼を怒らせる必要がある。怒りにより彼の心の底からの、本気の地団駄を引き出さなければならない。そう結論づけた顧問は、翌日から踏彦をただ怒らせる目的で、理不尽なまでに冷たく当たった。

 結果、踏彦はまもなくして陸上部を退部した。顧問がとっても感じ悪かったからだ。

 帰宅部になった踏彦は、音楽に没頭した。そして出会ったある楽曲が、彼の地団駄を変えた。その曲が、彼の地団駄を怒りの感情から解き放ったと言ってもいい。クイーンの「ウィ・ウィル・ロック・ユー」である。

 この曲は地団駄をエンターテインメントに昇華している。踏彦は初めて聴いたときにそう直感した。その瞬間、彼の地団駄は怒りの感情からすっぱり切り離された。この日から、踏彦は笑顔で地団駄を踏めるようになった。

 それからの人生における踏彦の地団駄は、あらゆる感情とともにあった。昨年、踏彦には待望の長女が誕生したが、その出産に立ち会った際にも、彼は大いに歓喜の地団駄を踏んでみせたという。

 こうして踏彦は、あらゆる場面で地団駄を踏めるようになった。同じ職場で働く同僚としては、おかげで大変に迷惑している。怒っているときだけならまだしも、喜怒哀楽のいずれにも感情が動くたびにいちいち地団駄を踏まれては、周囲にいる人間はたまったものではない。地団駄と怒りの感情は、絶対に切り離してはいけないものだったのだ。

 本日もわれわれのフロアーは終始、廃線間際の鈍行列車のように揺れている。


www.youtube.com

間違いだらけの「新語流行語全部入り小説2019」

f:id:arsenal4:20191106181500j:plain:w500

 ある朝求人サイトにあな番の広告が出ていた。電話をかけてみたらいきなり採用となった。あな番とはアナウンサーの番組でもアナーキーな番長でもなく、穴の見張り番をする仕事だと説明されて、それくらいなら僕にもできると思ったのが不幸のはじまりだった。あらゆるバイトをクビになってきた僕にとって、それはなんとか食いつないでゆくための、いわば命を守る行動であったはずなのだが。

 アルバイト初日に呼び出された場所はオフィスではなく、とある山の中腹にある山小屋であった。そこで僕を待っていた主任は、山小屋の前にぽっかりと開いた直径10メートルほどの大きな穴の前で僕に言った。

「とりあえずこの穴を、日が暮れるまで守ってください」

 僕はどうすればいいのかわからなかったが、とにかく穴のそばに立っていればいい、何かあったら携帯に連絡をくれと言われてこれは楽な仕事だと思った。

「ただし、この穴の付近でおむすびだけは食べないでください。この穴は、古来よりおむすびころりんクレーターと呼ばれていますので」

 主任は気になる注意事項を言い残して去っていった。なぜそうなのかという説明はなく、その点に関して質問をすると給料はキャッシュレスで支払われ、加えてポイント還元もあるだのなんだのとお得な情報を並べたてることでうやむやにされた。

 穴のへりに立って数十分ほど経ったころ、ねずみ色のスーツにショルダーバッグを提げた長髪の男性が、ふらふらと穴を覗き込みにやってきた。僕が近づいていって「ここは立入禁止ですよ」と警告すると、男は耳にかかる長髪をしきりに掻きあげながら「こらぁ、クトゥ~」と、謎の文言を繰り返しはじめたのだった。

 男は加えて木の棒を取り出し、穴の脇の地面に「人」という字を書き出したので、僕がスマホを取り出して電話をかけるふりをすると、男はさらに髪を掻きあげるスピードを上げつつ足早に立ち去っていった。男がいなくなってから、試しにTwitterの検索窓に男が連呼していたフレーズ#KuTooと入力してみると、不審者の目撃情報が大量に上がっていた。特に金曜の夜8時ごろの出現情報が多いようで、真っ昼間に現れるのは珍しいようだった。

 そうやって時間帯を改めて意識すると、僕のお腹がぐぅと鳴って空腹を報せた。時間はちょうどお昼どきなのであった。穴の前にある集合場所の小屋の横には小さな売店があり、昼はそこで何かを買って食べるといいと主任に言われていたのを僕は思い出した。

 しかし売店にはどういうわけか、何ひとつ陳列されてはいなかった。店番のおばちゃんに尋ねると、何が理由なのかはわからないが、ここ数日は山頂へ向かうロープウェイが計画運休をしているらしく、商品の入荷がまったくないとのことだった。となるとさすがに諦めるしかなかったが、そのタイミングで再び鳴った僕のお腹の音を聴きつけたおばちゃんは、「ちょっと待ってな」と言って店の奥に引っ込んでいった。

「これくらいしかないけど、食べときな」

 おばちゃんはラップに包んだ握りたてのおむすび2個を渡してきた。僕の頭には先ほど主任に言われた注意事項が一瞬頭に浮かんだが、好意のおむすびを無下に断るわけにもいかなかった。僕はただでもらうのも悪いと思い、「すいません、これしかなくて」と言ってポケットから取り出した100円玉2枚を渡すと、おばちゃんは「ほれ、軽減税率だよ」と言って1枚返してきた。僕はお礼を言って穴の前へと引き返した。

 数分間のあいだ留守にしたことが少し心配ではあったが、戻ってみると穴は依然として変わらずそこに口を開いていた。穴の脇に腰を下ろした僕は、改めて主任から言われた「この穴の付近でおむすびだけは食べないでください」という言葉を思い出していた。だが一方では、背後から送られる売店のおばちゃんの視線を確実に感じていたため、僕にはもうそれを食べないという選択肢はなかった。それにほぼ何もしていないにもかかわらず、僕の空腹はすでに限界まで来ていた。

 僕はラップを剥がして、おむすびに思いきりパクついた。ひとつ目のおむすびは、一瞬でなくなっていた。僕は依然として続く迷いをすっぱりと断ち切るために、「後悔などあろうはずがありません」と自分に言い聞かせるように独りごとを言うことで落ち着きを取り戻し、ふたつ目にいこうとした。

 そのときだった。不意に山裾から強く冷たい風が吹き上げ、僕は寒さで体全体がすくむという、いわゆるサブスク状態に陥って体が動かなくなった。そして周囲の森がにわかにざわつきはじめ、気づけば穴の周囲を大量のジャッカルたちが取り囲んでいたのだった。

 その状況に驚いた僕の体がさらにすくんだせいで、持っていたいまひとつのおむすびを前方に落っことしてしまった。ノックオンしたおむすびは穴の底へ向けてころころと転がってゆき、穴の外にいたジャッカルたちが一斉にそこへ飛びかかった。僕も何頭かのジャッカルに押される形で、穴の底へと転がり落ちていった。

 目が覚めると、僕は高級マンションが立ち並ぶ住宅街の中に立っていた。道路を走るのは高級車ばかりで、通りかかる人々は全員がブランドバッグを持ち、ケバブの要領で高級ステーキ肉を食べながら歩いている。ここはどうやら、選ばれし上級国民の住む街であるようだった。

 僕の立っている数メートル先に、人だかりができていた。群衆に取り囲まれているのは、ガラスの靴にサンバイザーをかぶり、ゴルフクラブを担いでなんだかニヤニヤしている女だった。女はゴルフクラブを振りまわしながら、不可思議な踊りを踊っていた。ガラスの靴は片方しか履いていないようだった。

「やっぱり死舞子(しぶこ)さまの死の踊りは最高よね。さすがスマイリング死ンデレラだわ」

 観衆らは口々にそう言って女の珍妙な踊りを褒めそやしていた。

「ほら、死舞子さまがタピるわよ」

 死舞子と呼ばれる女は、踊りの最後にゴルフクラブでタピオカを次々とショットし、それを観衆の顔面に次々とヒットさせていった。観衆らがみなそれを避けず、むしろ口を開けて歓迎している様子を見るに、どうやら放たれたタピオカを口で受け止めるとなんらかのご利益があるようだった。

 その街から数十キロ離れた場所で、ひたすらにドラ焼きを食べ歩くドラクエウォークを続けている男がいた。死舞子が放ったタピオカショットのひとつが驚くべき距離を叩き出し、翔んで埼玉にいるそのドラ焼き男の口内へと飛び込んだ。いつもとは異なる妙に肉肉しい食感の登場に違和感を覚えた男は、咄嗟にタピオカを手の中へ吐き出した。だがそれは嫌悪感からではなく、むしろその食感のにわかファンになったがゆえの行動であった。

 そこで初めてタピオカというものを食した男は、それをなんとなく聞きかじった響きから「『パ行』を含み『カ』で終わる4文字の名称」と認識していたため、パプリカと呼ぶことにした。そのせいで男はこのさき一生、タピオカに出会うことはないだろう。彼は自らの手の上でしかタピオカを見ることができない、いわばタピオカのにわかファンでありハンディファンでしかなかった。

 死の踊りを終えた死舞子の様子を眺めていた僕に、話しかけてきた世襲議員風の男がいた。男はなぜか僕の耳元で、ポエムのように呟いた。

「あの娘はセクシー。ゴルフもセクシー。タピオカもセクシー。ならば死はもっとセクシーに決まっているのさ」

 男はそう言うとスマイリングシンデレラに負けないくらいのスマイルを浮かべた。男はまぶしいほどに白い歯を見せながら、「僕はね、なんとかしてこの国をホワイト国にしたいんですよ。いわばMGCってやつだね。全国民のまぶしく(M)、ギラギラ(G)、クリアー(C)な歯が真っ白に輝く、文字どおりのホワイト国にね」

 男の顔に見覚えのあった僕は、初歩的な質問をしてみることにした。

「あなたのお父さんって、総理大臣だったんですよね」

 すると男は、思いのほか不機嫌そうな表情を浮かべて答えた。

「それはそうなんだけど、僕が本当に尊敬している政治家は、えっとなんだっけな、○○ペイって人なんだけど……」
「ひょっとして野末陳平のことですか?」
「あ、そうそう。野末陳平みたいになりたいんだよね。あの人、歯が白かったじゃない。セクシーだよね」
 
 野末陳平の歯が白かった印象は特になく、まったくセクシーだとも思わないが、会話を早く終わらせるためだけに僕はあっさり同意してみせた。

「でももうあの人も87歳だから、免許返納を勧めなくっちゃね」

 最後は政治家らしくそう言い残すと、男は笑顔で周囲に手を振りながら立ち去っていった。その間に死舞子は20メートルほど先に移動して、そこで改めて死の踊りを披露しはじめているようだった。僕は歩いてその人だかりに加わった。

 だが今度は先ほどとは打って変わって、客層がだいぶ異なっているように見えた。あちこちに刺青をチラつかせた悪そうな男たちが、札束を手に死舞子を囃したてていた。それは明らかに、いわゆる闇営業であるように見えた。

 死舞子を囲む男たちは、やがて幸運のタピオカショットを喰らいながら激しく口論をはじめた。

「なんだかんだで、しょっちゅう流行ってるよな」
「いや、4年に一度くらいじゃないか?」
4年に一度じゃない。一生に一度だ!」
「いずれにしろ令和初だよな。令和二度目じゃないよな」

 まもなくつかみあいの喧嘩に発展したその議題は、よく聴いてみるとどうやら「タピオカの流行周期」であるらしかった。意外と可愛い話題だな、と僕が思ったのもつかの間、ハッピ姿に刀を携えた意味ありげな集団が現れた。

「俺たちは令和幕府直属のれいわ新選組だ。タピオカショットは幕府への反逆行為と見なす」

 れいわ新選組を名乗る集団は巨大なうちわを持ち出すと、死舞子の背後からそれを強く仰ぎ、タピオカショットをコントロール不能にする驚異のれいわ旋風を巻き起こした。

 しかしその風は当の新選組にすらコントロール不能であった。風に合わせてその向きを少しずつ変えて放たれる死舞子のタピオカショットは、徐々に風による曲がりを計算できるようになり、ついにそのひとつが新選組のひとりの口の中へと飛び込んだ。

 男は新選組の中にあって、笑わない男と呼ばれていた。完全に閉じていた男の口をこじ開けて中へ入り込んだという事実は、死舞子のショットの強力さを物語っているだろう。そして口内へと突入した幸運のタピオカの不思議かつ圧倒的な力により、笑わない男の顔に生涯を通じはじめての笑顔がほんのりと浮かび上がったのであった。

 その瞬間、その場にいた全員が、敵味方関係なく初めてONE TEAMになったと確かに感じていた。そしてその次に放たれた、この日最後となる死舞子のタピオカショットが僕の口内へと飛び込んで、気づけば僕は夕暮れ時の巨大な穴の中へとホールインワンしていたのであった。

新語・流行語大賞2019 候補語一覧》
1. あな番(あなたの番です)
2. 命を守る行動を
3. おむすびころりんクレーター
4. キャッシュレス/ポイント還元
5. #KuToo
6. 計画運休
7. 軽減税率
8. 後悔などあろうはずがありません
9. サブスク(サブスクリプション
10. ジャッカル
11. 上級国民
12. スマイリングシンデレラ/しぶこ
13. タピる
14. ドラクエウォーク
15. 翔んで埼玉
16. 肉肉しい
17. にわかファン
18. パプリカ
19. ハンディファン(携帯扇風機)
20. ポエム/セクシー発言
21. ホワイト国
22. MGC(マラソングランドチャンピオンシップ
23. ◯◯ペイ
24. 免許返納
25. 闇営業
26. 4年に一度じゃない。一生に一度だ。
27. 令和
28. れいわ新選組/れいわ旋風
29. 笑わない男
30. ONE TEAM(ワンチーム)


※本文中には、新語・流行語の意図的な誤用が含まれております。各自正しい意味をお調べになることをお勧めします。
※この小説は、新語・流行語大賞の候補語30個すべてを、順番通りに本文中に使用するという、きわめて不純な動機でのみ書かれたフィクションです。


www.youtube.com

tmykinoue.hatenablog.com

tmykinoue.hatenablog.com

tmykinoue.hatenablog.com

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.