泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

時事コント「まさかり問答」

空港の保安検査場。ひとりの男が、セキュリティゲートを通過する。

金属探知機「ピーッ!」
保安検査員A「ちょっと失礼します。なにか金属製のものはお持ちですか?」
男「特にないよ……あ、もしかしてベルトかな?」

男、再びセキュリティゲートを通過。

金属探知機「ピーッ!」
男「もう何もないぞ。機械の故障じゃないのか?」
保安検査員A「いえ、そんなはずは……」

保安検査員Aの上司らしき男が、異変を察して近づいてくる。

保安検査員B「どうしたの?」
保安検査員A「こちらのお客様が、どうしても鳴るもので……」
保安検査員B「あの、失礼ですがお客様は、もしかしてあの有名な……」

保安検査員Bが、右手のスナップを利かせて投げるポーズをして見せる。

男「ああ、まあそうなんだが」
保安検査員B「ほら、あの『まさかり投法』で有名な」
保安検査員A「なんですか、それ」
保安検査員B「野球だよ、野球。凄いんだよ、投げかたが」
男「ちょっと、急いでるんだがね」

男、明らかにいらついている様子。

保安検査員B「あぁ、失礼しました。お会いできて光栄です! ほらキミ、あとはしっかりやんなさい。ではわたしはこれで……」

保安検査員B、その場をあとにする。

保安検査員A「えーっと、まさかり……お持ちなんですか? 金属ですよね?」
男「いやいや、持ってるもんかね。私の投げかたが、そう呼ばれてるんだよ」
保安検査員A「では、その金属的な投げかたをお持ちということで?」
男「持ってるも何も、私のフォームなわけだから」
保安検査員A「では、出してもらっていいですか?」
男「出す? 何を?」
保安検査員A「もちろんまさかりを、です」
男「だから、持ってないんだよ」
保安検査員A「でもいま、たしかに持ってる感じを出されていたので」
男「だから、そういうフォームをね。持ってるというか、それが私なんだよ」
保安検査員A「つまりあなたご自身が、まさかりであると?」
男「君はバカにしてるのか? 私はひとりの人間であり投手であって、まさかりじゃない」
保安検査員A「ではあなたはいったい、まさかりのなんなのです?」
男「なんでもないよ。まさかりは私の、投げかたなんだよ」
保安検査員A「それって、結局金属ですよね?」
男「いやまさかりは金属かもしれんが、私の投げかたに、金属もなにもないよ。投げるのは、革のボールだし」
保安検査員A「投げないんですか、まさかり」
男「投げるわけないだろ。そんなもの、誰が打てる?」
保安検査員A「まさかりを投げるから、誰も打てないのかと」
男「打てないのは私の球だよ。特にフォークはな」

男、右手を前に突き出して、人さし指と中指の股をぐっと広げて見せる。

保安検査員A「フォーク? それも金属ですよね? 出してください」
男「フォークといっても、フォークボールだよ。変化球の一種だ」
保安検査員A「フォークなのにボール? それってとんちでしょうか?」
男「いや、急いでるって言ってるだろ。とんちなんか仕掛けてる暇ないんだよ」
保安検査員A「ならとっとと、まさかりとフォークを出してくださいよ。そうすればきっと通れますよ」
男「だから、どっちも持ってないんだよ。いやフォークは持ち球ではあるが、だからって持ち歩くもんじゃない」
保安検査員A「持ち歩いてないのに持ち球とは、これもとんちですか?」
男「もうどっちでも構わんよ。とにかく、どうすれば通れるのかね?」
保安検査員A「こういうときは、素直になればいいんですよ。つまり金属類を、すべてこのトレイの上に出して
さえ下されば」

男、しばし考えたすえに、右手のチョキを限界まで開きつつ、大きく振りかぶる。そこから、背負った斧を差し出されたトレイへ叩きつけるように、まさかり投法のシャドーピッチングを披露。

保安検査員A「では、いま一度お通りください」

男、三度目のセキュリティゲートを通過。

金属探知機「……(無音)」
保安検査員A「よい空の旅を!」

人生半分損してる

人生の半分というのは、思いのほか小さな分量であるらしい。

「ピクルス食べないの? それ人生の半分損してるよ」
 酢漬けの半生。

「おしぼりで顔拭かないの? それ人生の半分損してるよ」
 なのに脇は拭くのね。

「『ターミネーター』の1観たのに2観てないの? それ人生の半分損してるよ」
 シュワちゃんが幼稚園の先生になる映画は観てるのに。

「『いいとも』のタモリしか観たことないの? それ人生の半分損してるよ」
 ズル休みすると会える人。

「今までずっと口呼吸してたの? それ人生の半分損してるよ」
 異臭騒ぎにひとり気づかぬ張本人。

「歌詞カード見ながら曲聴いたことないの? それ人生の半分損してるよ」
 読んでますます意味わからず。

「サスペンダーしたことないの? それ人生の半分損してるよ」
 背面の三叉路。人生のハーネス。

「賞味期限切れの食品、全部捨ててたの? それ人生の半分損してるよ」
 「消費期限」のほうならばさらにボーナス加点。

「ボクサーブリーフの前についてるボタン、一度も使ったことないの? それ人生の半分損してるよ」
 不便な玄関。メインは勝手口。

「半チャーハンふたつ頼んだの? それ人生の半分損してるよ」
 結果、割高の並盛り。

「パーカーのフード、一回もかぶったことないの? それ人生の半分損してるよ」
 乾きにくいおもり。

「毎日きっちり十二時間寝てるの? それ人生の半分損してるよ」
 文字どおり。

これらの公式を複合的に検討することにより、測りがたい人生というものの全体量を割り出すことができるかもしれない。

ディスクレビュー『THE TESTAMENT』/SEVENTH WONDER

ザ・テスタメント

ザ・テスタメント

Amazon

より輪郭を明確にした歌メロの充実が、バンドの格をさらなるメジャー・フィールドへ押し上げるに違いない。そう確信させるに充分な、スウェーデンプログレッシヴ・メタル・バンドの6th。

前作『TIARA』も全方位的に開放感を増した素晴らしいアルバムで、明らかな成長を感じさせる作品だった。当ブログでも、年間ベストアルバムの7位に選んでいる。

tmykinoue.hatenablog.com

だがその作品としての完成度の高さは、あとほかにどこへ伸びしろが残されているのかわからない状態を示してもいた。そしてプログレ・メタル系バンドの場合、最後の砦となるのは、やはり歌メロのフックということになりがちであるとも感じていた。複雑な演奏の中に、キャッチーな歌メロで一本明確な筋を通せるか否か。

その一番の成功例は、もちろんDREAM THEATERの名盤2nd『IMAGES AND WORDS』であり、それがあの作品が彼らの他の作品と比べても頭ひとつ抜けた評価を受けている理由でもある。

そして幸いなことにこのSEVENTH WONDERは、KAMELOTの官能的な楽曲を完璧に歌いこなすトミー・カレヴィックという強力な武器を持っている。その歌唱力に関しては、前作の時点に置いても充分に発揮されていたように感じていたが、彼がなぞる歌メロに関しては、まだ改善の余地が少なからずあったということなのだろう。それは本作を聴いて初めてわかる贅沢な不満であり、彼の歌うKAMELOTの近作と比べることによっても見えてくる部分がある。

僕は彼がKAMELOTに加入して以降の作品に関して、好きな楽曲はいくつもあるがアルバム単位で大満足はしていない。もちろんその歌唱力に関しては、むしろ前任者のカーンに比べて安定しているとも認めてはいるし、バラードにおけるそのヴィブラートが放つ色気は、まさしく色気の権化であったカーンをも凌ぐ瞬間すらあると感じている。『SILVERTHORN』に収録されたピアノ・バラード「Song For Jolee」における繊細かつ情感豊かな歌唱など、圧巻のひとことである。

しかしこと歌メロのクオリティに関しては、カレヴィック加入後の作品はいずれも、カーン時代の名盤である三枚『THE FOURTH LEGACY』『KARMA』『EPICA』のレベルには届いていない。それはもちろん、新加入ヴォーカルの責任というだけでなく、メイン・ソングライターであるトーマス・ヤングブラッドの責任は大きいだろうし、なんなら武器であるメロディを失いつつあったカーン在籍時末期のアルバムに比べたら、カレヴィックが加入したことでバンドは再生したといってもいい。

だが歌メロのクオリティがかつてほどでないことは事実であったし、だから僕はカレヴィックにこれ以上の歌メロの改善を望むのは無理筋なのだと、勝手に限界を設定して納得しているようなところもあった。

もちろん本作における歌メロの質の向上が、歌い手であるカレヴィックのみによるものなのか、バンド全体によるものなのかはわからない。バンドにおいては、何がどう作用するかは本人らにもわからないのかもしれない。だが結果として、これまで以上に歌メロがフィーチャーされた作品になっているのは事実だ。

そしてなによりも、カレヴィックの歌メロにまだまだポテンシャルがあるということが判明したのが嬉しい。おかげでKAMELOTのほうにも、この先その向上が見込めるかもしれないからだ。むろん、彼ひとりの力でバンドをどこまで変えられるのかは、わからないけれど。

それにしても②「The Light」や⑦「Mindkiller」における節回しには惚れ惚れする。繊細なヴィブラートを完璧にコントロールし、いったいどこでブレスすればいいのかわからないほどに息の長い数珠つなぎのメロディーを、見事に歌い切ってみせる。

プログレッシヴな楽曲の場合、往々にしてその展開の複雑さゆえに歌メロの焦点がぼやけ、なんとなく楽器陣の演奏に歌が追随するようなケースも少なくない。だが本作で歌われる彼の旋律には楽曲の核心を担うたしかな矜持が感じられ、むしろテクニカルな楽器陣を先頭に立って引っ張ってゆくようなリーダーシップをも感じさせる。

バンドを確実にネクスト・ステージへと昇格させると同時に、この段階にしてさらにレベルを上げてきたという事実が、さらなる成長の余地をも感じさせる。彼らはいよいよ、プログレ・メタルというジャンルを牽引してゆくべき存在になってきた。


www.youtube.com

www.youtube.com

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.