泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

時事コント「まさかり問答」

空港の保安検査場。ひとりの男が、セキュリティゲートを通過する。

金属探知機「ピーッ!」
保安検査員A「ちょっと失礼します。なにか金属製のものはお持ちですか?」
男「特にないよ……あ、もしかしてベルトかな?」

男、再びセキュリティゲートを通過。

金属探知機「ピーッ!」
男「もう何もないぞ。機械の故障じゃないのか?」
保安検査員A「いえ、そんなはずは……」

保安検査員Aの上司らしき男が、異変を察して近づいてくる。

保安検査員B「どうしたの?」
保安検査員A「こちらのお客様が、どうしても鳴るもので……」
保安検査員B「あの、失礼ですがお客様は、もしかしてあの有名な……」

保安検査員Bが、右手のスナップを利かせて投げるポーズをして見せる。

男「ああ、まあそうなんだが」
保安検査員B「ほら、あの『まさかり投法』で有名な」
保安検査員A「なんですか、それ」
保安検査員B「野球だよ、野球。凄いんだよ、投げかたが」
男「ちょっと、急いでるんだがね」

男、明らかにいらついている様子。

保安検査員B「あぁ、失礼しました。お会いできて光栄です! ほらキミ、あとはしっかりやんなさい。ではわたしはこれで……」

保安検査員B、その場をあとにする。

保安検査員A「えーっと、まさかり……お持ちなんですか? 金属ですよね?」
男「いやいや、持ってるもんかね。私の投げかたが、そう呼ばれてるんだよ」
保安検査員A「では、その金属的な投げかたをお持ちということで?」
男「持ってるも何も、私のフォームなわけだから」
保安検査員A「では、出してもらっていいですか?」
男「出す? 何を?」
保安検査員A「もちろんまさかりを、です」
男「だから、持ってないんだよ」
保安検査員A「でもいま、たしかに持ってる感じを出されていたので」
男「だから、そういうフォームをね。持ってるというか、それが私なんだよ」
保安検査員A「つまりあなたご自身が、まさかりであると?」
男「君はバカにしてるのか? 私はひとりの人間であり投手であって、まさかりじゃない」
保安検査員A「ではあなたはいったい、まさかりのなんなのです?」
男「なんでもないよ。まさかりは私の、投げかたなんだよ」
保安検査員A「それって、結局金属ですよね?」
男「いやまさかりは金属かもしれんが、私の投げかたに、金属もなにもないよ。投げるのは、革のボールだし」
保安検査員A「投げないんですか、まさかり」
男「投げるわけないだろ。そんなもの、誰が打てる?」
保安検査員A「まさかりを投げるから、誰も打てないのかと」
男「打てないのは私の球だよ。特にフォークはな」

男、右手を前に突き出して、人さし指と中指の股をぐっと広げて見せる。

保安検査員A「フォーク? それも金属ですよね? 出してください」
男「フォークといっても、フォークボールだよ。変化球の一種だ」
保安検査員A「フォークなのにボール? それってとんちでしょうか?」
男「いや、急いでるって言ってるだろ。とんちなんか仕掛けてる暇ないんだよ」
保安検査員A「ならとっとと、まさかりとフォークを出してくださいよ。そうすればきっと通れますよ」
男「だから、どっちも持ってないんだよ。いやフォークは持ち球ではあるが、だからって持ち歩くもんじゃない」
保安検査員A「持ち歩いてないのに持ち球とは、これもとんちですか?」
男「もうどっちでも構わんよ。とにかく、どうすれば通れるのかね?」
保安検査員A「こういうときは、素直になればいいんですよ。つまり金属類を、すべてこのトレイの上に出して
さえ下されば」

男、しばし考えたすえに、右手のチョキを限界まで開きつつ、大きく振りかぶる。そこから、背負った斧を差し出されたトレイへ叩きつけるように、まさかり投法のシャドーピッチングを披露。

保安検査員A「では、いま一度お通りください」

男、三度目のセキュリティゲートを通過。

金属探知機「……(無音)」
保安検査員A「よい空の旅を!」

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.