泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

桜の樹の下には屍体が埋まっているらしいので

f:id:arsenal4:20210401163657j:plain:w500

 桜の樹の下には屍体が埋まっている、と梶井基次郎は言った。だとするならば――

 クワマンの下にはセカンドバッグが埋まっている。

 しょんべんカーブには虫が止まっている。
 
 Tカードには使うほどでもないポイントが溜まっている。

 ガチャガチャのカプセルには原価の低い夢が詰まっている。

 ナンチャンの庭にははっぱ隊が埋まっている。

 公園のベンチには受け子が待っている。 

 何も言えなかった夏のあとには言い過ぎる秋が待っている。

 言い過ぎた秋のあとには言いたいことも言えないこんな世の中にポイズンが盛られている。

 秋田のなまはげには包丁のスポンサーがついている。

 テレビ東京は池の水を抜いている――。


www.youtube.com

Love Metal

Love Metal

  • アーティスト:HIM
  • 発売日: 2003/06/19
  • メディア: CD

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.