泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

2019-07-13から1日間の記事一覧

書評『北京の秋』/ボリス・ヴィアン

フランス文学の異端児による奇譚。再読して改めて気づくのは、この作品がとにかく遊び心にあふれているということだ。そしてそれがなぜか哀しい。そんな作者の独特なスタンスを理解するためには、巻末の安部公房による解説にある、本作の謎めいた題名に触れ…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.