泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

2022-05-26から1日間の記事一覧

短篇小説「窓のない観覧車」

窓のない観覧車に、髭のない少年が乗っていた。窓のない観覧車は不粋だが、髭のない少年は不粋とは言えないだろう。少年にこの先、髭が生えてくるかどうかはわからない。 もちろん高所からの絶景など、望むべくもない。だがどれだけ待っても観覧車に窓がつか…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.