読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣きながら一気に書きました

妄言コラムと気儘批評と悪戯短篇小説の巣窟

Works

NHK-FMで新番組『音楽ガハハ』はじまります

おととし11月と昨年8月に特番として放送された、マキタスポーツ×レキシ×やついいちろうによるラジオ番組『音楽ガハハ』。この4月から月イチでレギュラー化されることになり、本日4月27日、23時より初回が放送されます。放送は毎月最終水曜23時~24時の1時間…

雑誌及びWEB媒体掲載文章一覧

【ROCKIN'ON JAPAN】(※冒頭に《》表記のないものはすべてディスクレビュー)《お笑いDVD評》『ナイツ独演会 其の二』(ROCKIN'ON JAPAN2012年3月号) your gold,my pink『TEENAGE RIOT』(ROCKIN'ON JAPAN2012年3月号) LAST ALLIANCE『c.s.c 20022011』(R…

電子書籍『悪戯短篇小説集 耳毛に憧れたって駄目』発売のお知らせリターンズ

AmazonのKindleストアにて発売中の電子書籍『悪戯短篇小説集 耳毛に憧れたって駄目』が、このたびiOS(iPhone、iPad、iPod Touch)対応になりました。もちろんKindleやAndroid携帯でも読めます。ただしスイカ割りなどの最中で目隠しをしていると読めないこと…

電子書籍『悪戯短篇小説集 耳毛に憧れたって駄目』発売のお知らせ

当ブログに掲載していた悪戯な短篇小説らをこのたび一斉召集し、電子書籍化しました。プロの絵師にわざわざ発注した表紙画をはじめ、著者あとがき・解説(講談社文芸文庫並みの長文)・レーベル名(虚実空転文庫)・ロゴマーク(髭の奴)、挿絵(耳毛の奴)…

ここしばらくのうち雑誌に書いたレビュー一覧

【ディスクレビュー】 Galileo Galilei『明日へ』(ROCKIN'ON JAPAN2012年1月号) ザ・クロマニヨンズ『雷雨決行』(同2012年1月号) Base Ball Bear『新呼吸』(同2011年12月号) SEKAI NO OWARI『スターライトパレード』(同2011年12月号) 阿部真央『側に…

ノッカーにボール渡す係は餅つきのこね役の要領で

6/12(日)に開催される文学フリマ《http://bunfree.net/》で発売される批評同人誌『knocks vol.1』に、「何も言ってない名言」という、JAYWALK(J-WALK改め)以上に何も言わないコラムを書きました。ブースは「エ-21」です。

最近、というほど最近でもないものも書いたレビュー一覧

【ディスクレビュー】 miwa『guitarissimo』(ROCKIN'ON JAPAN5月号) FACT『Eat Your Words』(同4月号) coldrain『The Enemy Inside』(同3月号) Dirty Old Men『GUIDANCE』(同3月号) Dirty Old Men『約束の唄』(同2月号) アルカラ『フィクションを…

「たい」のか「たくない」のか「たくてもない」のか

本日発売の『ROCKIN'ON JAPAN』11月号に、 ●Galileo Galilei『四ツ葉さがしの旅人』 ●DOES『ジャック・ナイフ』 ●小林太郎『DANCING SHIVA』 ●Droog『Violence』 のディスクレビューと、 ●山田ズーニー『「働きたくない」というあなたへ』 の書評を書きまし…

俺に似た奴と組むべきか、俺と正反対の奴と組むべきか

現在発売中の『ROCKIN'ON JAPAN』10月号に、 9mm Parabellum Bullet『actⅡ+actⅢ』 スコット・マーフィー『GUILTY PLEASURES 4』 のディスクレビューと、 星野智幸『俺俺』 の書評を書きました。

現在進行祭

『ROCK IN JAPAN FES.2010』のパンフレットに、以下のアーティスト紹介文を書きました。フェスに行かれている方、行かれる方は是非。●andymori ●阿部真央 ●Northern19 ●小林太郎 ●cinema staff ●Prague ●[champagne] ●a flood of circle ●Jeepta

増すと倍

本日発売の『ROCKIN'ON JAPAN』9月号に、 ●東京事変『ドーパミント!』 ●DOES『SINGLES』 ●serial TV drama『マストバイ』 ●『残響祭 5th Anniversary DVD』 のディスクレビューと、 THE BAWDIESのライヴ評を書きました。

遅ればせながら建壱

すっかり告知が遅くなってしまいましたが、現在発売中の『ROCKIN'ON JAPAN』8月号に、 ●YUI『HOLIDAYS IN THE SUN』 ●your gold,my pink『pray』 ●Creature Creature『INFERNO』 ●TOY『A City's Guidebook』 のディスクレビューを書きました。

蔦からまる夏空のまつり

現在発売中の『ROCKIN'ON JAPAN』7月号に、 筋肉少女帯『蔦からまるQの惑星』 Galileo Galilei『夏空』 back number『あとのまつり』 のディスクレビューを書きました。ちなみに過去のディスクレビューは、ロッキング・オンの公式ウェブサイト『RO69』 http:…

それにしても雨の多い春だった

本日発売の『ROCKIN'ON JAPAN』6月号に、 ASIAN KUNG-FU GENERATION『迷子犬と雨のビート』 Prague『Distort』 のディスクレビューと、 『芸人報道GNN』 のTVレビューを書きました。

あらゆる過剰に愛情を

本日発売の『ROCKIN'ON JAPAN』5月号に、 9mm Parabellum Bullet『Revolutionary』 tacica『神様の椅子e.p.』 D.W.ニコルズ『ONELBUM』 のディスクレビューと、 ロッチ『ロッチラリズム』 ハライチ『ハライチ』 東京03『第九回東京03単独ライブ いらいら』 …

今や日本の欧文バンド名のほうが気が利いている、ような気が時にする

現在発売中の『ROCKIN'ON JAPAN』4月号に、Nothing's Carved In Stoneのライヴ評と、Northern19の新作、Base Ball Bearの武道館DVD、NICO Touches the WallsのPV集のレビューを書きました。

ペリー役はもちろん宮崎吐夢ぜよ(希望)

現在発売中の『ROCKIN'ON JAPAN』3月号に、吉井和哉武道館公演のライブ評、THE BLUE HEARTSのベスト盤と阿部真央新譜のディスクレビュー、大河ドラマ『龍馬伝』のレビューを寄稿しています。なぜ『龍馬伝』かというと、そういえばこのブログでは書いていない…

記憶という幸福なフィクション、噂のアイツは全力でハクション〜

本日発売の『ROCKIN'ON JAPAN』1・2月合併号、「JAPAN OPINION」というページに、BUMP OF CHICKENに関する原稿(約3500字)を。新曲“R.I.P.”が描き出すノスタルジックな情景に誘い出された、怪しげな記憶について。記憶と記憶が連鎖することで生まれる、共感…

煙に巻かれて薫製になりたい

11/20(金)に発売される『ROCKIN'ON JAPAN』12月号の「JAPAN REVIEW」というページに、9mm Parabellum Bulletについて書いた文章(約4000字)が掲載されています。ひねくれているのか素直なのか、古いのか新しいのか、ベタなのかシュールなのか、実はすべ…

団塊の世代ではなく階段の世代のロック

明日10/20(火)に発売される『ROCKIN'ON JAPAN』11月号の「JAPAN REVIEW」というページに、Base Ball Bearについて書いた、《待ち合わせはいつも、階段をあがった先にある踊り場で》という題名の文章(約2800字)が掲載されています。「大人の階段昇る 君…

ペンキ塗りたての壁に手形を

明日9/19(土)に発売される『ROCKIN'ON JAPAN』10月号の「JAPAN REVIEW」というページに、NICO Touches the Wallsについて書いた3500字くらいの文章が掲載されています。先日発売された“ホログラム”という妙にキャッチーな楽曲を軸に、音楽への「入口」と…

竜宮城へと向かう亀が背中の太郎に向けて言ったであろう台詞

本日発売の『ロッキング・オン』7月号「rockin'on review」に、マディーナ・レイクについて書いた、 「ともに行こう、ここではないどこかへ」 という約4000字の文章が掲載されています。 なぜか「ランバダ」や「スキャットマン・ジョン」や「ベートーベン」…

答えは風に訊け!(追い風参考)

現在発売中(5/1発売)の『rockin'on』6月号の「rockin'on review」に、THE ANSWERについて書いた4000字くらいの文章が掲載されています。タイトルは、「けっして到達できぬ絶対解答(ファイナル・アンサー)へ向かって ――ロックの模範解答? ジ・アンサー…

「中二病患者」から「中二病患者」へ贈る処方箋

明日3月1日に発売される『rockin'on』4月号の「rockin'on review」というページに、4000字ほどの文章が掲載されています。タイトルは「『中二病』のグローバル・スタンダード」。 内容はTRAVISに関するものです。ドイツ語で書いた時点では、白い巨塔的な現代…

今さらな事後報告は風のように

『rockin'on』11月号のrockin'on reviewというページに、SLIPKNOTについて書いた、 「無駄無茶無謀希望絶望、みんなまとめて『無望』ゆき!?」 という約4000字の文章が掲載されました。もちろんもうすっかりバックナンバーで、いま出ているのは1月号です。北…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.