泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

【もしもシリーズ】もしもドラクエの防具屋にあの有名人の装備があったら

f:id:arsenal4:20211223140413j:plain:w500

国民的RPGである『ドラゴンクエスト』シリーズには様々な武器や防具が登場する。

中にはかなり入手困難なものもあって、しかし本当にレアな装備とは、有名人が実際に身につけている一点物ということになるのではないか。

というわけで、(どういうわけ?)今回はドラクエ防具屋で売っていそうな有名人の装備を考えてみることにした。なぜ考えてみることにしたのかはわからない。完全に無駄な時間と頭の使いかたである。


【サチコの大衣装】
しゅび力 +8
すばやさ -92
みりょく +34
こうげき魔力 -21
メダパニーマの効果(敵全体を混乱させる)

天井まで届くほどの、他を威圧する派手な巨大ステージ衣装。年末の歌唱バトルイベントクリア後、年始に開かれるバザー内の防具屋で購入可能。

装備すると、1ターン目で自動的に国民全体を混乱させる。
しゅび力は、たびびとの服より若干高い程度。しょせんは服であり、その点は期待すべきではない。

こうげき魔力は上がりそうなものだが、結果としてむしろ低下してしまうのは、衣装のインパクトに目を奪われ、発せられる呪文(歌)の印象が薄まってしまうため。

実際のところ、歌唱イベント後の年始に話題にのぼるのは、身につけていた大衣装のことばかりであり、何が唱えられたかを話題にする者は少ない。

物語中盤にはさらに大きな「サチコのメガ衣装」、終盤には画面からはみ出すサイズの「サチコのギガ衣装」が入手可能。

衣装のスケールが大きくなればなるほど各数値は上がるが、輪をかけてすばやさがなくなるため、必ず先制攻撃を喰らうことになる。そうなればもともと服程度の防御力しか持ち合わせていないため、敵の攻撃力が大きくなる終盤においては、最初に受けた一撃がすなわち致命傷になることが多く、実用性に乏しい。

序盤~中盤の敵には有効だがその時期にはまだ入手不可能で、終盤になれば手に入るがそのころには必要がない。そのうえ受注生産であるため非常に高価という、おそろしくタイミングとコスパの悪い防具である。


【ゾゾの宇宙服】
しゅび力 +14
すばやさ -10
みりょく +8
バーハの効果(味方1人のブレス系ダメージを軽減する)
お金贈りの効果(1戦闘ごとに所持金 -1,000,000)

正確には「元ゾゾの」と言うべきだろう。前澤氏が宇宙を旅する際に着用した宇宙服。

しゅび力は至って平凡だが、「天空の城」等の飛行物体に乗り込んだ際には、着用するとそれっぽい雰囲気は出る。

最大の特徴は、戦闘時に装備しているキャラクターが、敵に所持金百万を自動的に献上してしまうという点。ゆえに所持金が百万以下の場合、着用することができない。

そこまでして着用する意味が、あるのかどうか。そこに夢があるのならば、きっとあるのだろう。


【きんにの胸あて】
しゅび力 +3
すばやさ -4
みりょく +6
フールの効果(敵1体のかしこさを下げる)
きんにくルーレットの効果(こうげきの発動率が50%になる)
アナウンサー系へのダメージ +120%
アナウンサー系にのみマホトーンの効果(敵1グループの呪文を封じる)

なかやまきんに君の胸筋を模した、リアルなウレタン製の胸パッド。

しゅび力はほぼ皆無だが、戦闘中に使用すると「きんにくルーレット」が発動。その結果次第で、ランダムで攻撃をしたりしなかったりする。つまり結果的には、単純に攻撃の機会が減少するだけというマイナスの効果。

だが特筆すべきは、自らの筋肉に話しかけることにより、敵のかしこさを下げるフールの効果。加えて、特にかしこさの高いアナウンサー系モンスターが敵である場合、噴き出させることにより攻撃呪文の記された原稿を読めなくさせる特殊効果を持つ。

アナウンサー系の敵が頻出する放送局近辺のエリアへ足を踏み入れる前に、ぜひとも手に入れておきたい。


Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.