泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

短篇小説「おやつんクエスト」

f:id:arsenal4:20210415164832j:plain:w500

 都会の喧噪を離れたリゾート地たけのこの里に、ルヴァンという名の王子がいた。ルヴァンはことあるごとにパーティーを催すことでお馴染みのリッツ家の跡取り息子で、顔にあばたが多くその皮膚はところどころ塩を吹いている。

 かつて隆盛を極めたリッツ家も、ルヴァンの代になるとすっかり勢いを失っていたが、そんなときに限って危機は訪れるものだ。

 先ごろ、海の向こうの無人島に聳え立つきのこの山に暗黒の帝王ダースが降臨し、部下の暴君ハバネロとともに、まもなくこのたけのこの里へ攻め込んでくるらしい――そんな剣呑な噂が、里の耳聡いカントリーマアムたちのあいだでまことしやかに囁かれていた。

 そんなある日、リッツ家の分家であるルマンド家の長女エリーゼ姫を乗せて近海をクルージング中の豪華客船メルティーキッス号が、そのまま姿を消した。エリーゼはルヴァンの許嫁であった。

 ルマンド家はさっそく執事のトッポに調査団を派遣するよう命じたが、急遽組織された陽気なドンタコス調査団の船は、沖でブラックサンダーに撃たれて海の藻屑と消えた。それは季節はずれの、この近辺では前例のない事故であった。あるいは事故ではなかったのかもしれない。

 不測の事態に里じゅうが騒然とする中、広大なルマンド家の上空に一機のエアリアルが現れ、マーブルの筒をその庭へ落としていった。筒を開けると中に入っていたのはカラフルなチョコではなく一通の手紙で、そこには《エリーゼ姫はいただいた。 ダース拝》とだけ記されてあった。

 突然の脅迫状を受けて、武力を持たないルマンド家は武勇で名高いリッツ家に助けを求めた。エリーゼはルヴァンの許嫁という縁もあり、ここはルヴァンがきのこの山へ向かい、ダース一味を打倒してエリーゼを救うという奪還作戦が立てられた。

 だが平和な時代にお坊ちゃま育ちのルヴァンは、生まれてこのかた戦などしたことがなかった。まずは武器を買い揃えねばと思い、ルヴァンは『おかしのたぴおか』を訪れた。たけのこの里には、店といえば当然のようにお菓子屋しか存在しないのであった。

 凶悪な敵と戦うのだから、まずは武器になる棒状のものが必要だった。ルヴァンは手持ちのカゴに、ポッキーとじゃがりこと小枝とうまい棒を放り込んだ。

 となると次に必要なのは、相手の攻撃を防ぐ盾だ。これは幸いにも、家にいくらでもあるクラッカーのルヴァンが使えそうだが、残念ながらルヴァンは穴だらけで防御力に若干の不安がある。ルヴァンはぶ厚く穴の見当たらない歌舞伎揚をカゴに追加した。

 身体を覆う鎧はポテトチップス、チップスター、カラムーチョ、すっぱムーチョ、わさビーフなどのチップス類を貼りあわせればなんとかなるだろう。わざわざ部位によって味を変える意味はわからないが、多少は辛い成分なども入っていたほうが防御力が高まるような気がした。

 ルヴァンは山盛りのお菓子を持ち帰り、その日のうちにそれらを装備したうえで、リッツ家に伝わる帆船アルフォート号に乗って海へと漕ぎ出した。

 海はとても穏やかで、大量のおっとっとが優雅に泳いでいた。この温厚な海が二隻の船を飲み込んだとは、とても思えない。やがてルヴァンを乗せたアルフォートは、きのこの山が聳える無人島へとたどり着いた。

 アルフォートを降りたルヴァンの目の前には、壮大な漆黒のガトーショコラが建っていた。そもそも無人島にこんな立派な城など、あるはずがなかった。

 その時はるか上方から、聞き覚えのある女性の叫び声が聞こえた。声の発信源を求めて、ルヴァンはガトーショコラの最上階を見上げた。そのバルコニーに、可憐なエリーゼ姫の姿があった。

「助けて、ルヴァン! 私の愛するクラッカー!」

 だがそのすぐ横には、残念ながらおいしそうなチョコレートがぴったりと寄り添い、エリーゼの喉元へ、指先に嵌めた鋭利なとんがりコーンを突きつけている。暗黒の帝王ダースであった。

 ルヴァンは無我夢中でガトーショコラ内部へ突入し、城の階段を全力で駆け上った。

 途中、妙に辛そうな輪っかのスナック菓子が大量に襲いかかってきたが、ルヴァンはそれらすべてを、ポッキーをつなぎ合わせて拵えた甘い剣で絡め取りつつ進んだ。どうやらそいつらが、ダースの手下の暴君ハバネロらしかった。口に入れさえしなければ、特に怖い相手ではない。

エリーゼを放せ! 俺が相手になってやる!」

 最上階のバルコニーに駆け込んだルヴァンは、暗黒の帝王ダースに戦いを挑むべく、暴君ハバネロの辛すぎる輪っかを大量に纏ったポッキーの剣を構えた。するとダースは、思いがけぬことを口にしたのだった。

「お前の相手はこの私ではない。私は単なるおいしいチョコレートであって、戦闘力など皆無だ。変わりに戦ってくださるのは――このお方だ!」

 その呼びかけを待っていたかのように、ルヴァンの背後から、白衣を身につけ虫眼鏡を手に持ったひとりの女が現れた。それは科捜研の女であった。

「ね……姉さん!」

 思わずルヴァンは叫んだ。科捜研の女は、ルヴァンの実の姉であった。彼女こそ、かつてはリッツ家の象徴であったのだ。だが数年前に起きたクーデターにより家督を追われ、家を飛び出して姿をくらませていたのである。

「なんでもかんでも、上に載せやがって!」

 科捜研の女は、声高にそう喚きながら弟のルヴァンに虫眼鏡を投げつけてきた。どうやらリッツ家伝統のパーティースタイルに文句を言っているらしいが、お門違いも甚だしい。その一投は、ルヴァンが盾として押し出した歌舞伎揚を一撃で叩き割った。

「何を言ってるんだい姉さん! リッツもルヴァンも、名前が変わっただけでぶっちゃけ一緒じゃないか! 載せるのがそんなに嫌なんだったら、リッツもルヴァンも、何も載せないで食べてもいいんだよ! それでも充分おいしいんだよ! 僕は心の底から、姉さんに戻ってきてほしいと思ってるんだ。この家の看板は、僕には荷が重いってわかったんだ。やっぱりリッツ家の看板は、姉さんが背負うべきなんだ!」

「でもルヴァン、それじゃああなたが……」

「僕はリッツ家を離れて、そこにいるエリーゼと温かい家庭を築いて静かに暮らしたいんだ。僕には姉さんのような、頻繁にパーティーを主催できるほどの圧倒的カリスマ性はないからね。あとのことは、姉さんにまかせるよ!」

 こうしてエリーゼ姫は無事解放され、科捜研の女はリッツ家に戻り、ルヴァンのCMキャラクターもリッツに引き続いて科捜研の女が務めることになったのであった。

 めでたし、めでたし。

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.