泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

2021-09-27から1日間の記事一覧

短篇小説「匂わせの街」

冒険の途中でふと喉の渇きをおぼえたわたしは、夕暮れどきに立ち寄った街でカフェのドアを開けた。「いらっしゃい! そういえば最近、夜中になると二階から妙な物音がするんだよ」 カウンターでカップを拭っている髭のマスターが、ありがちな挨拶に続けてな…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.