泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

2021-05-28から1日間の記事一覧

短篇小説「店滅」

床に絨毯にアスファルトに頭をこすりつけて謝るだけの仕事を終えた夜、そのまま帰宅しても眠れない予感がした私は、気づけば路地裏に迷い込んでいた。あるいは自ら迷いたくて迷っていたのかもしれない。真っすぐ家に帰りたくないがためにまわり道をすること…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.