泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

2020-11-25から1日間の記事一覧

馬鹿擬音語小説「ギュンギュンのウ~ン」

擬太郎がバーンと開けてガチャッと回しザッザッザッと降りると、空はスカッではなくドンヨリとしてシトシトと降っていた。ザーザーというほどではないしもちろんザンザンにはほど遠い。 マンションのエントランスをパカーンと出た擬太郎は、トントンしていた…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.