泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

2020-08-11から1日間の記事一覧

短篇小説「耳毛をちぎらないで」

真夜中の路地裏。濡れた壁面に押しつけられ、片耳細コードイヤホンの北村が、大型ふかふかヘッドホンの西沢に左手で胸ぐらを掴まれている。大型ふかふかヘッドホンの西沢は、片耳細コードイヤホンの北村の胸元で自分を挑発するように揺れ動くコードを、右手…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.