泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

2020-06-05から1日間の記事一覧

短篇小説「風が吹けば桶屋が儲かるチャレンジ route 1」

一陣の風が、吹いた。はたして桶屋は儲かるだろうか。 駅前の大通りを通り抜けた風が、路上に落ちていたコンビニ袋を舞い上げた。宙を舞ったコンビニ袋が、直進してきた八百屋の軽トラックのフロントガラスに貼りつき、その視界を奪う。八百屋の軽トラは急ブ…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.