泣きながら一気に書きました

妄言コラムと気儘批評と悪戯短篇小説の巣窟

ケメ子とメム美のジャンガジャンガ未遂

f:id:arsenal4:20180607004514j:plain:w500

あらかじめ断っておくが、何が面白いのかわからない話かもしれない。

先日カッフェで本を読んでいると、ミルクティーとチーズケーキのあいだから女子高生らしき二人の会話が聞こえてきた。願わくば消し忘れた煙草と中国茶(チャイニーズティー)のあいだからであってほしかったが、残念ながら僕は館ひろしではなく、店内に泣いている女もいないのだった(館ひろし「泣かないで」歌詞参照)。

それにしても彼女らの声はよく通る。聞き耳を寝かせていても突き抜けてくるフィジカルの強さがある。仮に二人の名をケメ子とメム美、話中に出てくる第三の登場人物をマモ代とする。


ケメ子「昨日帰ろうとしたらね、マモ代が校門の電信柱のとこで待ってたんだよね」
メム美「はぁ、でんしんばしら?」
ケメ子「うん、電信柱」
メム美「ん~、でんしんばしら……でんしんばしら!?」
ケメ子「電信柱だよ電信柱! マモ代が電信柱の脇から、こうやって顔出して待っててさ」
メム美「ああ! 電信柱ね。それひょっこりはんみたいじゃん」
ケメ子「でね、『マモ代それひょっこりはんみたいだよ』って話になって……」
メム美「……ああごめん。あたし先言っちゃったね。ひょっこりはん
ケメ子「そうだね……絶対言っちゃダメなやつだね……」
メム美「うん、絶対言っちゃダメなやつ」


「でんしんばしら」と言われて「電信柱」がなかなか思い浮かばないメム美も凄いが、電信柱のヒントを出すのに、ジェスチャーつきで電信柱から顔を出すポーズまでやってしまったケメ子にも否がある。ここは電信柱単体を伝えなければいけないところだ。ヒントの出しすぎが招いた悲劇である。

だからなんだと言われれば何もない。強いて言えばここには「対話」というものの難しさと面白さがある。

できればラストから四行目「でね、『マモ代それひょっこりはんみたいだよ』って話になって……」の直後に、間髪入れずアンガールズの「ジャンガジャンガ~」を入れて切り上げるのがベストな処理だったと思う。あのフレーズはほんと、どんな気まずい瞬間にも使える万能薬のような発明であると思っている。

結果的に、自分のいないところでじんわりスベらされているマモ代に幸あれ!


tmykinoue.hatenablog.com

tmykinoue.hatenablog.com

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.