泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

2018-08-10から1日間の記事一覧

無理比喩短篇小説「因果オーライ」

朝の通勤電車はコンビーフの缶詰のように混んでいた。中段をぐるぐる巻き取るあの独自の構造は切腹を思わせるが、満員電車に乗っているサラリーマンたちの会社への忠誠心も実質的な切腹を前提としている。 列車がテーブルの上に置いて三秒後の生卵のように揺…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.