泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

2020-06-01から1日間の記事一覧

短篇小説「売らない師」

僕はその日も売らない師の店を訪れていた。 売らない師の店では、なんでも売っているがなんにも売っていない。食品もおもちゃも洋服もペットも電化製品も、その他なんだかわからないものまで扱っているが、この店で誰かがなにかを購入する場面を、僕はこれま…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.