泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

2020-03-23から1日間の記事一覧

短篇小説「某校の卒業式」

今日は晴れて我が校の卒業式であった。それはこのたび、晴れて卒業を迎えた私にとって忘れられぬ卒業式となった。忘れるほうが難しい、といったほうが正確かもしれない。 我が校の卒業式は、廃線となったかつての最寄り駅のホームを貸し切りにして行われる。…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.