泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

2018-06-28から1日間の記事一覧

男とアンテナと異邦人

先日、昼過ぎに公園を歩いていると、池の縁に立っている初老の男を見かけた。とはいえ人が死ねるほどの深さを持つ池ではないから、自殺志願の心配はない。佇むといった陰鬱な雰囲気はなく、むしろ仁王立ちの誇らしさで背中を反らせ気味に立っている。後ろか…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.