泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

2018-03-22から1日間の記事一覧

短篇小説「冒険老婆」

男が街の小さな煙草屋を訪れ、窓口に座る老婆に声をかけた。よく晴れた春の日だった。「今日はあいにくの天気ですね」 「いやまったく、そうだねぇ」 老婆はおもむろに立ち上がると、窓口の脇にある勝手口の戸を開いた。男は身をかがめてそこから中へと入っ…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.