泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

2017-12-01から1日間の記事一覧

書評『フェルディドゥルケ』/W. ゴンブローヴィッチ

とにかく徹頭徹尾ふざけまくっている小説である。この小説を真顔で読み終えることのできる人は、人生のあらゆる局面で「もっともらしい」人や物に騙されている可能性が高いので充分に気をつけたほうがいい。もちろん極度の「悪ふざけ」と極度の「生真面目」…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.