泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

2017-08-26から1日間の記事一覧

書評『場所』/マリオ・レブレーロ

カフカを好むがゆえにカフカ・フォロワーと見るや手に取ることが多いが、このマリオ・レブレーロもそのひとり。とはいえ南米ウルグアイの作家であり、カフカとの地理的な距離感がどのように作用しているか、という興味もあって。これは音楽の世界でもよくあ…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.