泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

2016-12-20から1日間の記事一覧

短篇小説「眠れる盛り土美女」

ある真夜中、床下からザクザクと不穏な音がするのを僕は聴いたのだった。トイレに起きた僕はたしかにその音と振動を感じたが、家の前をトラックか何かが通ったのだろうと思い、その日は用を足すとそのまま寝てしまった。平屋建てアパートの一階は、何かとよ…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.