泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

2010-09-24から1日間の記事一覧

『キングオブコント2010』感想

全体の印象としては、「大阪的なベタでかぶせの多い笑いが不利で、設定に新鮮味のあるネタが強い」。それには審査員が現役の芸人であるということも大きく作用していて、つまりは芸人たちがいまネタ作りにおいて最も苦労を感じている部分が、中身のディテー…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.