泣きながら一気に書きました

妄言コラムと気儘批評と悪戯短篇小説の巣窟

歌詞“さくら”

f:id:arsenal4:20190619232646j:plain:w500

さくらを見るかい?(Yeah!)
さくらを見たかい?(Yet!)
さくらを見たいかい?(Wanna!)
さくらを見ていたいかい?(In the building!)

だけどさくらは 映(ば)えるもんじゃない
見た目はほんと 単なるおばん
派手なセーター 着ちゃってさ
くるくるパーマ しちゃってさ

公園に行ってもダメさ
屋根のないとこお断り
外で咲いたらノーギャランティ
さくらはテレビで開く花さ

ほかほか暖房スタジオで (ねこ!)
ふわふわガンマイク目の前に (じゃらし!)
音声さんにウインク投げて(Love!)
3カメさんに喉ちんこ見せて(Cut!)

中途半端じゃ売れないぜ!(不売! 不売!)
説明過多じゃ買わないぜ!(Who’s buying? Who’s buying?)

無理やり笑顔の 大部屋俳優
驚き慣れない 脇役女優
通販会社の 高音社長
やる気ない部下 セリフ棒読み

はてさてそこでさくらが通る
通るといっても通るのは声
腹式笑いを響かせて
ガハハ笑いを押しつけて

さくらが笑えばデジカメ売れる (笑!)
たとえどんなに型落ちでも (古!)
素数ひと桁少なくても (粗!)
メーカー在庫処分でも (余!)

さくらが売れば買っちゃうぜ!(衝動! 衝動!)
オマケは同じのもうひとつ! (No more! No more!)

本物のさくらは 美しくなんかないのさ
だけどそのぶん とびっきり強いのさ
そんなさくらたちへの 鎮魂歌
削れ視聴者たちの Credit card

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.