泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

2021-11-24から1日間の記事一覧

短篇小説「ガチ勢とその後続」

あるコンサート会場の入場口に、開演前の行列ができていた。その先頭に並んでいる第一の集団は、もちろんガチ勢であった。 ガチ勢のうしろには、マジ勢が陣取っていた。ガチ勢とマジ勢は、どちらがよりガチのファンで、どちらがよりマジのファンかで言い争っ…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.