泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

2020-06-12から1日間の記事一覧

短篇小説「迷信迷走」

迷村信彦はスマホであれ一眼レフであれ、写真を撮られるのが嫌いだ。それはもちろん、〈写真を撮られると魂を抜かれる〉という迷信を信じているからにほかならない。 なぜそうなのかは知らないが、おそらく生きた魂は固定されることを嫌うのだろう。その証拠…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.