泣きながら一気に書きました

妄言コラムと気儘批評と悪戯短篇小説の巣窟

2019-01-11から1日間の記事一覧

短篇小説「フェイク・オフィス」

六本木の高層階にあるオフィスで、振介は今日も働くフリをすることに忙しかった。 具体的にいえば振介はいま、プリントアウトした資料を見るフリをしながら、そこに書いてあるデータをノートPCに打ち込むフリをしている。 もっといえばその「資料」とはプリ…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.