泣きながら一気に書きました

妄言コラムと気儘批評と悪戯短篇小説の巣窟

2016-11-29から1日間の記事一覧

短篇小説「柿食えば鐘鳴る機」

「こないだ寺で柿食ってたらさ、ちょうど鐘が鳴ったんだよね」政尾加志貴(まさお・かしき)が自慢の横顔を見せつけながら得意気にそう言うと、友人らは「ま、そういうことってあるよね」と軽く受け流したので、加志貴は意地になって、「……てゆうことが今年…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.