泣きながら一気に書きました

妄言コラムと気儘批評と悪戯短篇小説の巣窟

2016-10-18から1日間の記事一覧

短篇小説「何も言えなかった…夏」

今年も冬彦の夏は、何も言えないうちに終わってしまったのだった。大学のサークル仲間と繰り広げたBBQ…口に放り込んだ安い肉をいっこうに噛み切れぬまま、何も言えず終わった。高校時代の友人としこたま買い込んで楽しんだ花火…口にくわえたロケット花火が不…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.