泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

2018-03-15から1日間の記事一覧

短篇小説「挟まれたい男」

ある朝男はマットレスと掛け布団のあいだ、いわゆる冷静と情熱のあいだに挟まれた状態で目が覚めた。つまり至って標準的な起床であったということになる。ただこの日に限っては、なぜか布団を上から「掛けている」というのではなく、上は布団から、下はマッ…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.