泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

2017-09-01から1日間の記事一覧

虚実空転日記「サバといつまでも」

騒音おばさんがじっくり煮込んだサバの味噌煮をご近所の玄関口にぶちまけたころ、著名なジャズマンは中学生ドラマーのドラムスティックを豪快に放擲していた。『ガリガリ君』のあたり棒の次に大切にしていたスティックを取り上げられた中学生は、素手による…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.