読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣きながら一気に書きました

妄言コラムと気儘批評と悪戯短篇小説の巣窟

Football

書評『アーセン・ヴェンゲル アーセナルの真実』/ジョン・クロス著 岩崎晋也訳

アーセン・ヴェンゲル ―アーセナルの真実―作者: ジョン・クロス,岩崎晋也出版社/メーカー: 東洋館出版社発売日: 2016/10/07メディア: 単行本この商品を含むブログを見るまるで司馬遼太郎の長篇歴史小説を読破したような、重厚な読後感に包まれている。軽い気…

アーセン・ヴェンゲルの、思考回路を言語化する能力

我々は、けっして思ったことを完璧に言語化して伝えられるわけではない。そこには必ずいくらかの劣化が伴い、その「言いきれなかった部分」が誤解の種になることも少なくない。だが欧米のトップアスリートや指導者たちの言葉に接していると、「この人、もの…

声に出して呼びたい名前(サッカー選手編)

「ズラタン・イブラヒモビッチ」という名前のサッカー選手がいる。彼はあまりに有名なストライカーだから、その名を聞いたことのある人は多いだろうが、その名前から、あなたは何を想像するだろうか。「カツラをかぶった中間管理職のおっさんが、ブラジャー…

ザッケローニ日本代表新監督を派手にする試み

『人は見た目が9割』という本がひとむかし前に売れたが、この人は10割なんじゃないかと不安になる。日本代表新監督ザッケローニの地味さがハンパない。見れば見るほど、「窓際族」という言葉しか思い浮かばない。しかしこれからの日本代表を背負って立つ人物…

恐るべきオシムツイート

サッカーほど見ればすぐにわかるスポーツも、特別な見方が必要なスポーツも、あまりない。ルールや道具立てがシンプルという取っつきやすさがある一方で、刻々と動いてゆく状況把握の難しさがある。個と全体の両方に見どころがあるという意味では、「木を見…

早くもW杯フォトジェニック日本代表

《闘莉王、骨折ドログバに謝罪文送って》−デイリースポーツオンライン http://www.daily.co.jp/soccer/2010/06/10/0003075236.shtmlそれにしても写真。そしてキャプション。 あごと口で上手にボールを自陣のゴールに!? 次の1点はあごで!? 無闇に補欠っぽさ…

セスク・ファブレガスこそがアーセナルである

バルセロナからのセスク・ファブレガス獲得オファーに関して、アーセナルが公式声明を発表。アーセナル、バルセロナからのオファーを拒否 http://jp-arsenal.com/news/1698.htmlオファー成立ならともかく、不成立という本来ならば水面下に流されるべき状況を…

ナイスミドル養成講座【実例編1】

モウリーニョ:「私は出ていく」 http://www.goal.com/jp/news/1867/%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2/2010/05/23/1938113/%E3%83%A2%E3%82%A6%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%A7%E7%A7%81%E3%81%AF%E5%87%BA%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%8Fチャンピオ…

UEFAチャンピオンズリーグ アーセナル 2-2 バルセロナ 1st leg

似たような方向性を持つ二者を実際にぶつけてみたとき、その違いは如実に現れる。目立つのは共通点よりも差異であり、また同じものさしを使ってある程度までは測ることができるため、レベルの違いが浮き彫りになる。迅速かつ精密なパスサッカーを標榜するこ…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.