泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

145字小説「駆け出しのAI」

f:id:arsenal4:20210908234954j:plain:w500

 私の自動車にはAIが搭載されている。私はその実力を試すように、崖の手前に差しかかったところでAIへ指示を出す。

「アホクサ、ブレーキかけて」
「はい、かしこまり」

 すると自動車のブレーキが、脱兎のごとく駆け出した。私は奈落の底へと沈みゆくマイカーの中で、この文章を書いている。

 アホクサに漢字は難しい。

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.