泣きながら一気に書きました

不条理短編小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

短篇小説「電動アシスト式告白機」

f:id:arsenal4:20200523120527j:plain:w500

 たいした脚力も必要なく坂道をすいすい登れる電動アシスト式自転車に驚いていたのも、今は昔。近ごろではすっかり、何から何まで電動の力を借りるようになった。箸の上げ下げに至るまで、今や電動アシストなしには考えられない。もはや人類そのものが、すでに「電動」であるといっても過言ではないのかもしれない。

 電動アシスト式スニーカー、電動アシスト式マフラー、電動アシスト式カツラ、電動アシスト式たて笛、電動アシスト式入れ歯――人間のあらゆる部位に電動アシスト機能は役立っているが、ここへ来て人間の「部位」ではなく「行動」を、いわゆる「もの」ではなく「こと」をアシストする電動システムが発売される段階に至ったのは、進化を続ける人類にとって大変に喜ばしいことである。

 その先駆けとなるのが、先日発表された「電動アシスト式告白機」であることに疑いはない。「告白」とはもちろん「愛の告白」にほかならない。

 この「電動アシスト式告白機」は、電気の力により、あらゆる場面において動作主の「愛の告白」をサポートするという画期的システムである。

 そのために、動作主である人間の体内には運動神経をコントロールする三十四個のICチップが埋め込まれ、三日に一度肛門からの充電を必要とする。だが告白を成功させるためとあらば、その程度の労力は厭わないという市場アンケート結果が出ていることは、驚くに値しないだろう。

 そもそも国や所属企業や学校、そして配偶者からも行動監視用にいくつかのICチップを埋め込まれることが当たり前となっている世の中であるから、それがいくらか増えたとてたいして変わりはないという考えかたは、今やむしろ一般的な価値観であるかもしれない。逆に言うならば告白という行為が、肉体改造のリスクを遙かに超えるほどの、人生における最重要事項であるとも言える。

 しかしいざ「電動アシスト式告白機」と言われても、いったい愛の告白に至るプロセスのどこに、電動でアシストするようなことがあるのか?と疑念を抱く人も少なくないだろう。何を隠そう、筆者の私も当初はそのひとりであった。

 だがこの画期的新商品を生み出したウィズライフ社は、「人生のあらゆる場面は、電動によってアシストすることが可能である」との理念を掲げて常に精力的な商品開発を行っている。ではここから、「電動アシスト式告白機」の具体的な機能について見ていこう。

 意中の相手に告白するためには、まず相手を確実にどこか適切な場所へと呼び出さなければならない。そのためにまず本機に備えられているのが、「電動アシスト式ラブレター代筆機能」である。

 今や文字を手で書くにも電動アシストが必要な時代であるから、ペンの軌道を電動でサポートする動きは驚くに値しないが、それに加えて告白をサポートする「自動甘言翻訳機能」がついているのが本機の特長である。

 これは頭に浮かんで今から手紙に書こうとしている言葉を、愛をささやく甘い言葉に自動翻訳したうえで紙面に落とし込んでくれるという代物である。ちなみに指先を電動制御することで記されるその書体も、「愛明朝体」と呼ばれる色気あふれる手書き風書体が採用されている。

 そうして書き上がったラブレターを意中の相手の下駄箱へ投入したあなたが次にやるべきことは、約束の時間に待ちあわせ場所へと向かうことである。ちなみに本機のプログラムの根底にある行動規範は、ラブコメ全盛期の80年代アニメやドラマが基準となっている。もっとも告白が盛んに行われていた時代の感覚を取り入れたというのが、開発者側の言い分である。

 先の「ラブレター代筆機能」により、たとえば動作主が高校生であれば、待ちあわせ場所は自動的に校舎の屋上と設定され書き記される。だが昨今では安全上の理由から、屋上は立ち入り禁止となっている学校が多いのも事実である。

 しかしだからこそ、禁断の地に二人して足を踏み入れたとなれば、そこには「吊り橋効果」のような特別な興奮状態が生まれることになる。そこで必要となってくるのが、屋上へとつながる重い鉄の扉の鍵を開けるための「電動アシスト式屋上解錠機能」である。

 これは日本全国津々浦々の学校の屋上扉を調査した膨大なデータを元に、電磁力のアシストにより鍵穴の内部構造を自在に動かし、その約九割の鉄扉を解錠することができる仕組みとなっている。

 この機能が泥棒に悪用されることを案じる向きもあるだろうが、そこはご安心を。こちらは使用者が屋内にあり、かつ扉の向こう側が屋外であることを自動検知した場合にのみ作動する機構が採用されているため、貴金属を保存してあるような屋内へとつながる扉に対しては動作不能となっている。

 さて、いよいよ意中の相手と二人きりで秘密の屋上にまで足を踏み入れてしまえば、もはや告白は成功したも同然である。あとは本機に搭載されている各種機能が、自動的に次々と作動することで確実に告白をサポートしてくれるからだ。

 たとえば動作主が男性であれば、話し声が自動的に低く甘く変換される「電動アシスト式イケボ機能」、中敷きを膨らませて十センチ背が高く見える「電動アシスト式シークレットブーツ機能」、告白のタイミングに合わせてスマホから小田和正ラブ・ストーリーは突然に」が勝手に流れ出す「電動アシスト式DJ機能」、屋上の雰囲気を劇的に演出する「電動アシスト式ゲリラ豪雨機能」、大事な告白の言葉を一言一句確実に相手へ伝えるため、手に持ったタブレットにその台詞を映し出して見せる「電動アシスト式告白文字幕スーパー機能」、そして屋上扉の隙間からこそこそ様子を伺っている彼女側のつき添いの友人たちを、モスキート音を発生させることで巧みに遠ざける「電動アシスト式お友達退治機能」などなど、その場でAIが必要と判断した電動アシスト機能が次から次へと適時繰り出され、あなたの告白を間違いなく成功へと導くこと請けあいである。

 しかしそうは言っても相手は人間、万にひとつくらいは、告白に失敗することもあるだろう。だが怖れることはない。そんなときのために、本機には「電動アシスト式フォロー機能」というものまでついている。

 これは意中の相手にフラれた状態を自動的に感知して発動するもので、落ち込んでいる動作主に対し、耳元に埋め込まれたICチップを通じて適切な慰めの言葉が送り込まれるというもの。しかし動作主が男性である場合、その台詞が「女は星の数ほどいるさ」といういかにもありがちで中身のないフレーズ一辺倒であるのは、非常に優秀なこの商品において唯一改善の余地がある部分と言えるかもしれない。


www.youtube.com

ガレージ・インク(紙ジャケット仕様)

ガレージ・インク(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト:メタリカ
  • 発売日: 2006/08/09
  • メディア: CD

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.