泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

短篇小説「絵馬神」

f:id:arsenal4:20200130221824j:plain:w500

 絵馬専門の神を「絵馬神」という。絵馬というのはもちろん、願い事を書いて吊るす五角形のアレである。近ごろは神様の仕事も分業化が進んでおり、絵馬神は絵馬に書かれた願いごとを叶えること以外やってはいけないことになっている。いわゆる働き方改革というやつであり、おかげで残業が減ってプライベートが充実した。

 とはいえ、人間というのは書けばなんでも叶うと思っているようで、神社には大量の絵馬が毎日のように追加されてゆくから、絵馬神は絵馬しか見ていないとはいえ全然暇ではない。

 ただでさえ時間のない絵馬神、本来ならば、すべての願いを比較検討したうえで、叶えるべき優先順位をつけてから実力を行使してゆくべきところだが、そもそも全部の絵馬を読むというのが面倒くさくて仕方ない。それに全部読んだと思ったら、どうせ気づけばまた何十枚何百枚と追加されているのだから、そもそもすべての絵馬を読むということ自体が、皮肉にも叶わぬ夢であるように絵馬神には思えるのだった。

 なので絵馬神はみな手当たり次第に、目についた願いを片っ端から叶えてゆくことにしている。そうなると、やはり多いのは合格系の願いごとであり、《大学受験に受かりますように!》などというのは定番中の定番である。

 そんなことは絵馬神にとってはお安いご用だ。絵馬に書いてある志望大学名と氏名を確認し、片っ端から合格させてゆくだけの、簡単な作業である。

 だがここでひとつ、大きな問題が待ち構えている。合格させるのは絵馬神にとって至極簡単なことではあるのだが、その後どうなるかについては、絵馬神の業務の範疇ではないのである。

 大学受験には当然、定員というものが存在する。しかし絵馬神にとってそんなちっぽけなことは、知ったこっちゃないのである。ゆえに各地の絵馬神は、自らの持ち場である神社の絵馬に書かれた願いごとの数だけ、合格手形を濫発する。なぜならばそれが、それだけが、絵馬神の仕事だからである。

 大学側は、絵馬神の出した合格手形を断ることはできないことになっている(なにしろ神の言いつけなのだから当たり前だ)から、絵馬にその大学名を書いたものを優先的に合格させ、残りの枠を試験による点数で競わせることになる。

 つまり大学に合格するためにもっとも必要なのは、試験の点数ではないということだ。それはあくまでも、絵馬に志望大学名を具体的に書かなかった者たちの間にのみ存在する争いであって、絵馬さえしっかり書いておけば点数など合否にまったく関係がない。

 それでもあなたが絵馬を書きたくないというのであれば、必死に勉強をするしかないが、客観的に考えてみれば、ササッと絵馬を書くほうが圧倒的に楽なのは明白であろう。

 その際に気をつけなければならないのは、絵馬にはできるだけ直截的な表現を用いるということである。たとえば、《成績が上がりますように!》や《偏差値が70になりますように!!》といった願いごとは論外である。それはあくまでも志望大学へ合格するための間接的な要素であって、《〇〇大学に合格しますように!》という絵馬には絶対に勝てない。

 なぜならば、絵馬神は絵馬に書かれたことをそのまま叶えることしか業務上できないのであり、先にも述べたように、《〇〇大学に合格しますように!》という絵馬がひとつの大学に集中した場合、どんなに成績が良くても、そう直接書いていない生徒は落とされてしまうからである。それでは元も子もない。

 ではある大学に人気が集中するあまり、定員を超える数の学生が、絵馬に同じ大学名を書いた場合は一体どうなるのか? それは簡単な話で、大学側は定員を超える合格者を出さなければならない。

 もちろん公式にそれを発表することはないが、皆さんもいざ大学の入学式に行ってみたら、思ったより入学者の数が多く感じられて、せっかく苦労して受かったのに、自分の稀少価値が薄れたような残念な気持ちになったことがあるのではないだろうか。それはつまり、絵馬神の仕業なのである。
 
 しかしそんなことを許していたら、きちんと勉強をしてきた学生が正しく評価されず、大学のレベルが低下してしまうのでは、という危惧をお持ちの方もいるだろう。それはその通りなのであるが、勉強というものはその程度のものでしかないのだ、という意見もまた一方ではある。

 そして近ごろでは、このような絵馬神の力が口コミでじわじわと広まっているためか、絵馬神業界もちょっと困った事態に陥っていることを認めざるを得ない。《絵馬神になりたい!》と書かれた絵馬の数が、ここへ来て異様に増加しているのである。

 ご存知のように絵馬神は絵馬に書かれたことをなんでも叶えてしまうから、そう書いた者は必ず絵馬神に採用されることになる。結果、以前に比べると飛躍的に絵馬神が増えすぎてしまい、絵馬神全体のレベルが著しく低下しているのである。そう、私のような絵馬神が。


www.youtube.com

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.