泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

短篇小説「筋肉との対話」

f:id:arsenal4:20190207151906j:plain:w500

 おい、オレの筋肉! やるのかい、やらないのかい、どっちなんだい? やるとしたらいつ、何を、どのようにやるのかい? 今すぐ、バーベルを、鬼のように上げるのかい? 今宵、ブルドーザーを、東京から大阪まで引っ張るのかい? あるいは明朝、ラジオ体操第2を、強めにやるのかい?

 逆にやらないとしたら、代わりに何をやるのかい? どこへ行くのかい? 誰に会うのかい? 疲労回復のために眠るのかい? 薬局へプロテインを買いにいくのかい? 高校時代の恩師に会いにいくのかい? 恩師に会いにいくのだとしたら、やっぱり相手は体育教師かい?レスリング部の顧問かい? 意外と美術の先生かい?
 
 やるにしろやらないにしろ、そのあとは何をするのかい? やっぱりプロテインを買いにいくのかい? 今度はドンキへいくのかい? 恋人にLINEをするのかい? スマホでゲームをするのかい? 空き地にコンクリートブロックを積み上げて、リアルにテトリスを気取るのかい? それともスタバでスイートな物体をトッピングしまくって、女性店員から意外と可愛い人だと思われたいのかい?

 ところで話は変わるが、そもそもなぜそんな流暢な日本語を喋れるようになったのかい? 筋肉にも小学校があるのかい? 国語の授業があるのかい? お母さんの読み聴かせが功を奏したのかい? ひょっとすると、チャック・ウィルソンから学んだのかい?

 そういえば将来キミは、何をやるのかい? ボディビルダーになるのかい? ボディビルダーにガヤを飛ばす人になるのかい? ボディビルダーにオイルを塗る人になるのかい? それとも、それら全部になるのかい?

 おい、オレの筋肉! だからやるのかい、やらないのかい、どっちなんだい? 頼むから答えてくれよ。オレの脳が、すっかり筋肉になっちまう前に。


追伸:親愛なるなかやまきんに君に捧ぐ。


www.youtube.com

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.