泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

2022-05-13から1日間の記事一覧

短篇小説「芝生はフーリッシュ」

どうやらわたしは公園のベンチで、サングラスを掛けたまま眠り込んでいたらしい。おかげで昼か夜か、起きてすぐにはわからなかった。サングラスを外すと、これまでに見たことのないような、色とりどりの世界が目の前に広がった。色とりどりにもほどがあった…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.