泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

2021-11-16から1日間の記事一覧

短篇小説「話半分の男」

私と話半分の男の出会いは奇妙なものだった。ある日私が近所を散歩していると、蓋のない側溝に気をつけの姿勢で、仰向けに寝そべっている男が目に入った。その中年男性は、冬なのに半袖半ズボンを着用していた。私はなるべく目を合わせないように、その脇を…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.