泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

2021-09-08から1日間の記事一覧

145字小説「駆け出しのAI」

私の自動車にはAIが搭載されている。私はその実力を試すように、崖の手前に差しかかったところでAIへ指示を出す。「アホクサ、ブレーキかけて」 「はい、かしこまり」 すると自動車のブレーキが、脱兎のごとく駆け出した。私は奈落の底へと沈みゆくマイカー…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.