泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

2021-01-05から1日間の記事一覧

短篇小説「脂肪動悸」

いつもの道を、歩いていた。天井裏かもしれない。天井裏だとしたら、頭がつっかえるはずだがそんなことはなかった。ならばそれは駅へと向かういつもの道だ。 だけどねずみを見かけたような気がする。ねずみは天井裏にいるべきだ。いやどぶの中という可能性も…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.