泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

2020-12-24から1日間の記事一覧

書評『一九八四年』/ジョージ・オーウェル

誰もが認めるディストピア小説の代表作である。読んでみるとたしかにそうだと言わざるを得ない。同じ作者の『動物農場』と比べても、ちょっとレベルが違う。徹頭徹尾、とにかく示唆に富んでいる。物語の端々から発せられるのは、現代社会への警告であり人類…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.