泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

2020-11-14から1日間の記事一覧

短篇小説「連鎖」

小雨が降ってきた。まだ降りはじめなので、誰も傘を差していない。日傘の季節でもなかった。 駅前の商店街を歩いているひとりの紳士が、ブリーフケースから取り出した折りたたみ傘をパッと広げた。するとその脇を通りかかった父親の腕の中にいる赤ん坊が、口…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.