泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

2020-10-31から1日間の記事一覧

書評『穴』/小山田浩子

穴 (新潮文庫)作者:浩子, 小山田発売日: 2016/07/28メディア: 文庫「穴」というモチーフには、なぜだか常にワクワク感がある。だからカフカも安部公房も村上春樹も穴を使う。ということはつまりカフカが使ったからか。影響関係を考えると。その題材の強さの…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.