泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

2020-07-10から1日間の記事一覧

短篇小説「課金村」

この村ではなにもかもが無料である。一見そのように見える。本当にそうなのかもしれない。本当はそうなのかもしれない。ということは、そうじゃないのかもしれない。 朝から公園を散歩していた私は、喉が渇いてきたので自販機でジュースを購入しようと考える…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.