泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

2019-03-15から1日間の記事一覧

短篇小説「紙とペンともの言わぬ死体」

繁華街の路地裏で、紙とペンを持った男の死体が発見された。彼は死ぬ間際、いったい何をそこに書きつけようとしていたのか。 そこで真っ先に「遺書」と考えるのは、いかにも浅はかな素人推理である。なぜならば死体が着用していた上着のポケットからは、別に…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.