泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

2019-02-19から1日間の記事一覧

短篇小説「ことわざ殺人事件」

ある冬の朝、都心の路上で、腹部に餅屋の暖簾を被せられた中年男性の死体が発見された。男は一般的な背広姿、目立った外傷は見当たらず、死因は特定されていない。この不可解な死を解明するため、二名の刑事と一人の探偵が現場へと急行した。 初めにベテラン…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.