泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

2018-05-28から1日間の記事一覧

やばたにえん無闇応用型短篇小説「えぶりたにえん」

後楽園と豊島園の中間地点にある高校に合格した谷園子は、入学初日に世紀の朝寝坊をしてしまい非常にやばたにえんであった。「ちょっとお母さん、なんでおこたにえんしてくれなかったの! お蔭で初日から大ちこたにえんじゃない!」 顔をあらたにえんする暇…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.