泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

2018-05-05から1日間の記事一覧

短篇小説「無効フラグ放題」

よく風の鳴る嵐の夜だった。マンションの一室の床にひとりの男がうつ伏せに倒れている。男を取り囲むように、火のついた百八本のロウソクが配置されている。いつから燃えているのかはわからない。 男の頭上にある窓ガラスが風を受けてビリビリと頻回に震えて…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.