泣きながら一気に書きました

不条理短篇小説と妄言コラムと気儘批評の巣窟

2018-02-02から1日間の記事一覧

短篇小説「愚問の多い料理店」

料理をいただくというのは、ただ料理を食べるということではないらしい。わたしは先日訪れたある店で、その事実をこれでもかと思い知らされた。「家に帰るまでが遠足」と学校の先生が言うのなら、「食べる前が食事である」と今のわたしは言いたい。もし言え…

Copyright © 2008 泣きながら一気に書きました All Rights Reserved.